その他

2009年5月15日 (金)

■起業時を振り返る日

こんにちは、株式会社ワーク・ライフバランス 事務局の大塚です。

まったくの私ごとなのですが、本日誕生日を迎えました。
代表の小室が起業した年を追い抜かしてしまいました。。。

あまり普段は過去を振り返ったりしないのですが、少しだけ思い返してみると、「若さ」で乗り切ってきた部分もあり、一方では年の割に現実的に進んできたところもあり、バランスのとれた3年だったように思います。
この1年もまた、スピードの速い社会の中で様々なことを経験し、成長していければ、と思っています。

ブログをご覧いただいている皆様にも、いつも本当にご覧いただいて、感謝の気持ちでいっぱいです。
時折講演会場などで「いつも読んでいますよ!」と声をかけていただくのですが、プライベートなことも書かせていただいていることもあり非常に恥ずかしく思いつつも、にこやかに話しかけていただくことでほっと安心もいたしております。

今後も皆様が「ワーク・ライフバランス」を実現するお手伝いを、このブログでもさせていただければと思っています。
引き続き、ご支援のほど、どうぞ宜しくお願い申し上げます!

|

2008年11月12日 (水)

■各地におうかがいして思うこと

こんにちは、株式会社ワーク・ライフバランス 事務局の大塚です。

ここ1週間、ブログの更新を滞らせてしまいました。
ここまで長くお休みさせていただいたのは初めてです。
毎日ご覧いただいていた皆様、申し訳ありませんでした。

実は最近、ようやく1歳半の娘が母親抜きでも夜眠れるようになった(成長の証ですね!)こともあり、
泊まりで各地にお邪魔させていただいております。
先日は大分・別府、昨日は富山にうかがいました。

どの土地でも感じることは、「ワーク・ライフバランス」に関する皆さんの興味がとても強い、ということです。
もちろん意識の高低はあろうかと思いますが、何人もの方がメモをとってくださったり、後日質問メールをくださったり、と本当に熱心で、おうかがいした甲斐があったな、と思うことしばしば、です。

研修や講演では「きちんと伝わっているかな」「必要性をわかっていただけたらいいな」と思いながらお話させていただいていますが、数年前に比べるとその実感が格段に高まって来ているように感じます。
おそらく会場にお越しいただいた皆様が独自で勉強されていらっしゃるのではないでしょうか。

私どものような専門コンサルタントはその分野に精通すべく、あらゆる情報に触れる必要が高いことは当然なのですが、企業の担当者の方も大変いろいろな情報をご存知で、逆にご指摘いただくことも多々あります。
お客様とどちらが「ワーク・ライフバランス」に詳しくなれるか、そんな切磋琢磨しあう関係性も、新しい分野だからこそ、受け入れていただけるのでは、と思っています。

今後も様々な土地へお伺いするかと思いますので、お近くで弊社スタッフを見かけましたら気軽に声をかけていただければと思います!

|

2008年2月27日 (水)

■ひとつずつステップアップ

こんにちは、株式会社ワーク・ライフバランス 事務局の大塚です。

昨夜放映されました「ガイアの夜明け」に弊社の取り組みが紹介されました。
ご一緒に活動させていただいているメンバーの方の、お打合せでは見られない表情などがうかがえ、そしてその思いをまたしっかりと感じ、弊社もますます力を入れていかねば、と心を新たにいたしております。

最近では、新卒の就職活動をしている学生さんから「働きやすい企業はどこですか?」といった質問・お問い合わせをいただくことも増えてまいりました。
数年前までは「女性でも男性と一緒に(同じように)働ける企業はどこですか?」といった質問のほうが多かったように感じますが、大きな変化が起こっているようです。
女子学生からだけではなく、男子学生からも同様な質問を受けることもあり驚いていますが、より働きやすい環境で、より長く成果を出していきたい、と思う学生さんが増えている証拠ですよね。
そうした動きを考えると、企業の実際の動きと、学生さんが求める理想像の間に少なからずギャップを感じます。

「働きやすいです!」と胸をはってまではいえないけれど、「取り組んでいます!」ということを声高にいえる、
そんな企業さんをまず日本にたくさん作り、
その中からオリジナリティあふれる施策で「うちが一番働きやすい!」と宣言していただける企業を作り出していく・・・
それも弊社の役割のひとつだと、改めて思っております。

どうぞ引き続き、ご支援のほど何卒宜しくお願い申し上げます。

|

2008年1月 7日 (月)

■明けましておめでとうございます!

こんにちは、株式会社ワーク・ライフバランス 事務局の大塚です。

新年、明けましておめでとうございます。
年末年始はいかがお過ごしでしたでしょうか?
今年は4日(金)をお休みにして、本日7日(月)からスタート、という会社が多かったようです。

弊社もそのうちの1社ですが、実家に帰省するもの、家族とゆっくり過ごすもの、と様々な過ごし方をしたようです。
まだまだ小さな会社ですので、スタッフひとりひとりとじっくり向き合えるのが弊社のいいところ。
お休み明けは特にじっくりと顔を見るようにしています。

「あ、思い切り発散してきたな」とわかるくらいにすっきりした顔のスタッフ。
「ん?ちょっとふっくらした?ご実家でゆったりしてきたな~」というスタッフ。
「おっ、何か新しいネタを仕入れてきた?」と期待させるほど企画書を早速書くスタッフ。

10日にわたるお休みは1年の中でなかなか取れないのが現状ですから、
この年末年始にそれぞれが自分の個性や能力を磨き、体調管理をしていたようです。

ライフを充実させた分、ワークももちろん効率的にクオリティ高く!
本年も「ワーク・ライフバランス」「ワーク・ライフ『ハーモニー』」を合言葉に、スタッフ一同頑張ってまいりますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

|

2007年11月16日 (金)

■サッカー中田氏の新たな挑戦

こんにちは、株式会社ワーク・ライフバランス 事務局の伊藤です。

サッカー界を電撃引退された中田英寿さんが新しい道に挑戦される、というニュースを耳にしました。

サッカー通じて貧困と環境問題解決…中田英寿氏が今後を語る

記事によりますと、サッカーを通じて貧困問題、環境問題解決に取り組んでいかれるそうです。
ノーベル平和賞を受賞したグラミン銀行(バングラデシュ)のようにビジネスとしての問題解決に強い興味を示されているとか。

この記事にも書かれていますが、社会貢献をビジネスとすることは、日本では“負”のイメージをまだまだお持ちの方もいらっしゃると思います。
ただ、中田氏も指摘されているように、ボランティアや一時的な支援では根本的な解決につながらないケースも多々あるように思います。

弊社の休業者職場復帰支援プログラムarmo[アルモ]に、病児保育サービスを提供いただいているNPO法人フローレンスを主催する駒崎さんなども社会起業家のお1人ですが、NPO法人でありながら、助成金などばかりに頼らず、きちんとした運営をすることで継続してサービスを提供していく、ということを実現されています。

社会的な問題は根深いものであることが多く、だからこそ、その瞬間だけをなんとかするのではなく、問題の根絶に向けて長期的視野で取り組むことが求められています。
そのためにもビジネスとして、資金面などにおいてもきちんとした運営をしていくことが次世代の社会問題解決の取り組みの1手段なのではないか、と今回の記事を読んで改めて気づきを得ました。

わたしどもも、日本のワーク・ライフバランス化に向けて、できるところから着実に、そして長期的視野を持ちながら取り組んでいきたいと思います。

|