セミナーのご案内・レポート

2009年6月29日 (月)

■女性のための自己研鑽!

こんにちは、株式会社ワーク・ライフバランス 事務局の大塚です。

先日、日本経済新聞社さんが主催される女性向けの自己研鑽セミナーに参加させていただきました。

http://www.nikkei4946.com/woman/tokyo.html

参加されている女性の方々の熱心なこと・・・!
広々とした会場なのに熱気むんむん、というかんじで、発言も積極的にされている方が多いのが印象的でした。

講座内容は様々に展開されているのですが、
よく考えるとこうしたビジネス知識・スキルの基礎を体系だって学んだ経験はあまりなく、
これまで自然とやっていたことが「あっ、こういう思考回路だったんだ」と整理できたり、
これまでうまく進められなかったことなども「こうすれば糸口がつかめるのか!」と霧が晴れたり、
とても学びの多い時間でした。

次回の開催は秋だそうですので、情報をいただいたらこちらでも紹介させていただきますね!

|

2009年6月16日 (火)

■学生向けワーク・ライフバランス講座!

こんにちは、株式会社ワーク・ライフバランス 事務局の大塚です。

遅い時間の更新になってしまいました。。。
が!
どうしてもおつたえしたい!

この夏、弊社のインターンシップ生たちの企画で、学生さんにワーク・ライフバランスについて考えていただく機会をもたせていただくこととなりました。

「ワーク・ライフバランスってどんな考え方?」
「今から何を考えておけばいいの?」
そんな疑問をお持ちの方、ぜひお申し込みの上、ご参加ください!

―――――――――――――――――――――――――――――――
【学生のためのワーク・ライフバランスセミナーご案内】
―――――――――――――――――――――――――――――――

学生の皆様、お待たせいたしました!
ついに、「学生のためのワーク・ライフバランスセミナー」を開催
することが決定いたしました。

ワーク・ライフバランスは、一朝一夕で身につくものではありません。
社会に出たときに、ワーク・ライフバランスを実践するためには
若いうちから理解を深めることが重要です。

そこで、ワーク・ライフバランスの概要説明はもちろんのこと、
実例や、弊社スタッフと現インターン生のワーク・ライフバランス
実践のノウハウを紹介させていただきたいと考えています。

「働いて結果を出したいけれど、自分の時間は犠牲にしたくない」
「疲れ果てて、終電で帰る。そんな大人になりたくない」
そんなお考えをお持ちのあなた!

是非お誘い併せの上お越し下さい。


──*──*──*──*──*──*──*──*──*──*──*──*

【講座名】知らなきゃ損!
     学生のためのワーク・ライフバランスセミナー

【日時】2009年8月19日(水)13:30~16:30

【場所】株式会社アゴスジャパン 106教室
    JR「渋谷」駅西口の南改札徒歩4分
 ★MAP: http://www.agos.co.jp/about/map/index.html

【対象】・「若いときは、私生活を犠牲にしてでも働くべきでは!?」
    ・「やりがいのある仕事を持ち、私生活も充実させたい!」
     と考えている学生 など

【参加費】無料
【人数】30名様まで(※定員に達し次第締め切らせて頂きます)

【プログラム】
・13:30~14:20 講演「ワーク・ライフバランスとは?」
・14:30~15:00 新人でもできる!ワーク・ライフバランス
         の取れる職場づくりのコツ 
・15:00~15:20 ワーク・ライフバランスで人生が変わった人の例・やり方 
・15:30~16:20 ワーク・ライフバランスで人生設計(ディスカッション)


「ワーク・ライフバランスについてもっと知りたい!」
という学生の方は、次の手順にてお申し込みください。
ご不明な点は、以下までお問い合わせくださいませ。

  ◆株式会社ワーク・ライフバランス
   TEL:03-5730-3081/MAIL:customer@work-life-b.com
   担当:中田、間瀬

―【お申し込み手順】――――――――――――――――――――――

(1)「お申し込みフォーマット」に必要事項をご記入の上、
    customer@work-life-b.comまでメールを送信いただきます。

----- お申込みフォーマット-----------------------------------

   件名:【第2期WLBコンサルタント養成講座 参加希望】
   宛先: customer@work-life-b.com

   ご記入内容:1.お名前:
         2.学校名:
          3. 学部:
          4. 学科:
         5. 学年:
         6.ご連絡先(E-mail):
         
--------------------------------------------------------------

(2)弊社よりお申し込み受付確認のメールをお送りいたします。

熱い思いをお持ちの学生の方々に、お目にかかれるのを
心待ちにしております!

|

2009年5月20日 (水)

■いよいよ第2期養成講座がスタートします!

こんにちは、株式会社ワーク・ライフバランス 事務局の大塚です。

今朝は朝からいいお天気でしたね!
いよいよ明日から第2期ワーク・ライフバランスコンサルタント養成講座がスタートします。
小室をはじめとしたスタッフも気合十分!
受講生の皆様からいただいたアンケートを拝見していても、熱い思いが伝わってきて事務局もとても刺激をいただいています。
講座は初日から情報たっぷり、でスタートいたしますので、どうぞ楽しみにいていらしてください♪

また、第3期へのお問い合わせもいただいております。
本当にありがとうございます。
近日中に日程なども含めてお知らせできればと思っておりますので、今しばらくお待ちくださいませ。

さて、今日は小室がコメントさせていただいているWEBサイトのご紹介です。

「R25.jp」
http://r25.jp/b/report/a/report_details/id/110000006992

若手ビジネスマンが抱かれる素朴な疑問にお答えしているほか、
私、大塚の1日のスケジュールも少しだけご紹介しています。
ぜひご覧ください!

|

2009年5月12日 (火)

■悪循環から抜け出すための先導役

こんにちは、株式会社ワーク・ライフバランス 事務局の大塚です。

昨日は、なぜワーク・ライフバランスコンサルタントが必要なのか、弊社の思いも交えてお伝えいたしました。
メールマガジンをお読みいただいている方はすでにご覧になっているかもしれませんが、実は今回の講座、かなり弊社も力を入れております。

世界各国に比べて、「生産性」という視点でかなり劣っている日本。
今なんとかしなければ、将来の「先進国」という地位は危うくなっていくのではないでしょうか。
先日ある方にお目にかかったときに、しきりに「シンガポールにすでに負けている」とおっしゃっていました。
ビジネスの最前線に立つ方からすると、【将来】ではなく【現在進行形】の話なのだな、と感じたのを覚えています。
長い時間かけて働いているけれども付加価値は低い、そんな悪循環から抜け出すために、ワーク・ライフバランスに精通した専門家に様々な業種・業態・規模でお手伝いいただきたい。
本気でそう思っています。

そこで、代表の小室も含め、弊社コンサルタント全員でプログラムを考えて準備を進めています。
「株式会社ワーク・ライフバランス」がやるからには、どんなプログラムにしたら喜んでいただけるのか。
実際にお客様のところにお邪魔した際、どのようなステップでコンサルティングは進んでいくのか。
また、具体的な解決手法にはどのようなものがあるのか。
多くの視点がワーク・ライフバランスには必要になります。
当然時間も足りない!!!というところですが、できるだけ多くの情報をお伝えしたいと思っています。

ここまでご紹介すると、
「株式会社ワーク・ライフバランスの『ワーク・ライフバランスコンサルタント養成講座』はどこがスゴイの?」
と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで、どこがスゴイのか、いくつかピックアップしてみました!


◎1「メンター制を導入!当社コンサルタントが直接指導」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
コンサルタントの経験がない方でも最後まできちんと受講いただける
よう、現場第一線で活躍するコンサルタントが受講期間中サポートします。
講座では聞けなかった基本的なことももちろんOK!


◎2「課題・自宅学習もきっちりサポート」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
課題への取り組み方や自宅でワーク・ライフバランスを学ぶ方法についてもコツを伝授!
講座修了後も旬なワーク・ライフバランス情報を手に入れる術を身に付けられます。


◎3「弊社代表小室淑恵が毎回メイン講師!」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
いまや人気講師となった小室が毎回直接指導!
皆さんのワーク・ライフバランスに関する疑問にその場で答えます。
(一部別講師にて担当することがございます)


◎4「小室監修『オリジナルテキスト』を使用!」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ワーク・ライフバランスのエッセンスがつまったデータ満載のオリジナルテキストを使用します。
講座修了後も一定範囲で使用いただくことができます。


◎5「実例が豊富!効果があったノウハウだけをお伝え!」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
のべ700社以上ものコンサルティングの経験をできるだけ多く受講生にお伝えします。
実務で聞かれる他社事例の収集にも役立ちます。


◎6「お伝えしたノウハウの活用を積極推進!」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ワーク・ライフバランスは広めていかねば進みません!
受講生の皆さんには積極的にお伝えした情報をお使いいただき、ご自身のお仕事の幅も広げていただきたいと思っています。


◎7「すぐ活用できる資料を毎回提供!」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ワーク・ライフバランスの専門家でなければ手に入らない資料や最新の情報を毎回ご提供します。
自身のスキルアップだけでなくお客様への提供情報としても有益!


◎8「他社では例のない『ワーク・ライフバランスコンサルタント』認定制度!」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ワーク・ライフバランスについて学び一定水準をクリアした方にはその証として、弊社より「ワーク・ライフバランスコンサルタント」として認定させていただきます!


◎9「弊社加盟コンサルタントへの道も!」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ワーク・ライフバランスコンサルタントとして実績を積んでいただくと、弊社ホームページで紹介させていただく等加盟コンサルタントへの道も!
新たなビジネスチャンスが広がります。


◎10「受講生同士のコミュニケーションにより人脈構築が可能!」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
本講座にはワーク・ライフバランスにご関心の高い方が多く集まります。
新たな人脈を作ることによって、ワークでもライフでも幅が広がります。
一緒に日本を変える同志を見つけましょう!


・・・なんと、10も挙がってしまいましたが、「お持ちでない小室の本を1冊プレゼント!」など、まだまだお伝えしたい魅力はたくさん!

3日間みっちりと小室とともにワーク・ライフバランスについて学んでいただき、ワーク・ライフバランスの推進役をつとめるコンサルタントに1人でも多くの方に挑戦していただきたいと思っています!

──*──*──*──*──*──*──*──*──*──*──*──*

【講座名】ワーク・ライフバランスコンサルタント養成講座

【日時】
・第1日目 5月21日(木)(受付開始12:45)13:00~17:00
・第2日目 6月24日(水)(受付開始12:45)13:00~17:00
・第3日目 7月29日(水)(受付開始12:45)13:00~17:00

【場所】株式会社アゴスジャパン 103教室
    JR「渋谷」駅西口の南改札徒歩4分
 ★MAP: http://www.agos.co.jp/about/map/index.html

【対象】
企業内の人事・ワーク・ライフバランス推進ご担当者様、
社会保険労務士様や中小企業診断士様、
その他ワーク・ライフバランスにご興味をお持ちの方
※基本的に上記3日の講座全てにご参加頂けることを前提
とさせて頂きます。

【人数】30名様まで

【内容】
ワーク・ライフバランスの考え方が社内に浸透し、生産性の高い
働き方を身につけ、ワーク・ライフバランスの取れる企業へ変革
するために、ワーク・ライフバランス推進アドバイザーを育成
する講座です。

【受講料】一般受講料:126,000円(税込)テキスト代・終了試験科含む

──*──*──*──*──*──*──*──*──*──*──*──*

「第2期生になりたい!」
そう思っていただいた方は次の手順にてお申し込みください。
お電話でのお申し込み・お問い合わせも受け付けております。
ご不明な点は、以下までお問い合わせくださいませ。

  ◆株式会社ワーク・ライフバランス
   TEL:03-5730-3081/MAIL:info@work-life-b.com
   担当:高安、大塚

―【お申し込み手順】――――――――――――――――――――――

(1)「お申し込みフォーマット」に必要事項をご記入の上、
    info@work-life-b.comまでメールを送信いただきます。

----- お申込みフォーマット(期限:2009年5月18日)-----

   件名:【第2期WLBコンサルタント養成講座 参加希望】
   宛先: info@work-life-b.com

   ご記入内容:1.御社名:
         2.ご住所:
          3.ご担当者名(参加される方):
          4.ご連絡先(E-mail):
          5. ご連絡先(TEL):
          6.領収書が必要な場合の宛名:
          7.本講座をお知りになったきっかけ:

--------------------------------------------------------------

(2)弊社よりお申し込み受付確認のメールをお送りいたします。

(3)お申し込み受付確認メールにそって受講料をお振込み
いただきます。

(4)弊社よりご入金を確認後、受講いただく際の準備について
メールをお送りいたします。

――――――――――――――――――――――――――

|

2009年4月21日 (火)

■日本ゴム連合様にお世話になりました!

こんにちは、株式会社ワーク・ライフバランス 事務局の大塚です。

昨日は、日本ゴム産業労働組合連合様(http://www.gomurengo.or.jp/)にお招きいただき、熱海にて講演をさせていただきました。
大変熱心にお聞きいただき、お話させていただいている間も真剣にメモをとってくださったり、と非常にありがたい時間を過ごさせていただきました。

こうした労働組合様からご依頼いただくことも大変多いのですが、ワーク・ライフバランスというテーマは比較的労使協調で進めてくださるところが多く、時には企業の人事ご担当者様も同席いただくことがあります。
そもそもワーク・ライフバランスは個人の人生、ライフの充実から生まれてくる考え方ですので、そういった意味からも労使が一緒になって取り組むべきテーマ、といえるように感じます。

それでも当然スピードには差が出てしまいますが、やはりどれだけ労働組合さんがしっかりとデータに基づいた主張ができるか、会社側が必要性をしっかりと感じて具体的な取組にうつせるか、互いの意思疎通が重要であろうと思います。

私どももその意思疎通のお手伝いができれば、と思っております!

|

2009年2月23日 (月)

■休業者職場復帰支援armo[アルモ]ご紹介セミナー、開催決定!

こんにちは、株式会社ワーク・ライフバランス 事務局の大塚です。

春に向けて、休業から復帰される方、新たに休業に入られる方など、人の動きが激しくなりますね。
弊社の休業者職場復帰支援プログラムarmo[アルモ]へのご要望をいただくことも多くなっております。

「いったいどんなサービスなの?」「どんなメリットがあるの?」というお問い合わせはもちろんのこと、
「直接サービスを見てみたい」「導入までのステップが知りたい」「導入事例が知りたい」というお声にもおこたえすべく、
3月12日にarmo[アルモ]セミナーを開催することといたしました!

ご興味がおありの方はぜひご参加ください。

==========================
~人材流出の防止に効くワーク・ライフバランスの秘策~
職場復帰支援プログラムarmo[アルモ] ご紹介セミナー

●日時: 2009年3月12日(木) 13:30~15:00(受付開始13:15~)
●場所: 株式会社アゴス・ジャパン106教室(各線渋谷駅徒歩5分)
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町18-4 二宮ビル
◇MAP:http://www.agos.co.jp/about/map/index.html
●参加費: 無料
●参加対象:企業内における人事・ワーク・ライフバランス推進ご担当者様
●定員: 10名※定員に達し次第締め切らせて頂きます

【お申し込み】
以下必要事項をご記入の上、info@work-life-b.comまでお送りください。

■御社名:
■ご住所:〒
■ご担当者様所属(部署):
■ご担当者様氏名:
■ご連絡先(E-mail):
■ご連絡先(電話):

【お問い合わせ】
株式会社ワーク・ライフバランス事務局(担当:横山・高安)
==========================

==========================

|

2009年1月30日 (金)

■第1回ワーク・ライフバランスコンサルタント養成講座、開催しました!

こんにちは、株式会社ワーク・ライフバランス 事務局の大塚です。

昨日、第1回ワーク・ライフバランスコンサルタント養成講座を開催させていただきました。
こちらの講座は全3回、昨日がキックオフ(第1回)の講座となり、たくさんの方にお集まりいただきました!

実は私は娘の発熱が影響して急きょ欠席に・・・
企画リーダーとしてみなさんにお目にかかれなかったのが本当に心残りです。。。

同僚から雰囲気を伝え聞いたり、皆さんからいただいたアンケートを拝見したりしてイメージしているのですが、
驚いたのは皆さんの意識の高さ!!
ディスカッションも講座の中で行っていただいたのですが、かなり活発な議論がなされていたそうで一安心しました。

これまで様々な研修や講座を受けてまいりましたが、やはり「自分の意見が言える場がある」ことと、「同じ志・興味を持つ人と新たに知り合いになれる」ということは、終了後の満足感も違うな、と思っておりました。
今回、短い時間にはなってしまいましたが、こうした場を設けられたのは、ひとつのチャレンジだったな、と思っております。
(中には「時間が短かった!」というお声もいただきました。すみませんでした!!)

お伝えした情報の中には本に書かれていることもたくさんあったかと思いますが、
それをどのように使ってコンサルタントとして仕事をしていくか、
そのあたりをお伝えするにはやはりライブ(生)でしか伝わらない部分もあるのでは、と思っております。
また、参加いただく方々とのコミュニケーションの中でも事例やポイントをお伝えできれば、と思いますので、第2回、第3回もどうぞお楽しみに!

今回参加できなかった方も、メールマガジンで開催をお知らせいたしますのでチェックしてくださいね!


|

2009年1月22日 (木)

■東京大学「ワーク・ライフ・バランス推進研究プロジェクト」シンポジウムがありました!

こんにちは、株式会社ワーク・ライフバランス 事務局の大塚です。

しばらく更新が滞ってしまいました、失礼いたしました。
実は先週末から様々なところにお招きいただき、ワーク・ライフバランスについてお話しています。
しかも対象は大学生のみなさん!!

日本社会を変えていくためには企業の方々の意識をChangeすることも大切ですが、
(あっ、オバマ大統領のキーフレーズですね・・・!)
未来を担う学生さんたちにもなぜワーク・ライフバランスが必要なのか、
そしてそれを実践するための働き方のイメージを持ってもらうことも、とても大切だと考えています。
(個人的にも、若い方々にお伝えしていくことをいずれやっていきたい!と思っていましたので、とても素敵なチャンスをいただいています。)

後ほどそれぞれブログで様子や反応などをご紹介できればと思いますのでお楽しみに!

昨日21日は東京大学の「ワーク・ライフ・バランス推進研究プロジェクト」主催のシンポジウムがありました。
http://wlb.iss.u-tokyo.ac.jp/
わたしどもも研究メンバーとして参加しているこのプロジェクト、最初の大きなイベントでした。

予想以上にたくさんの企業の方々がお集まりくださり、立ち見もでるほど!!
後ろから拝見していても皆さん盛んにメモをとられたり、うなずいていらしたり、と反応の高さにうれしく思っておりました。

さまざまな研究報告がされたのですが、印象的だったキーフレーズをいくつかご紹介します。

◆コミュニケーションの量が本人のWLBの満足度に影響を及ぼす

法政大学武石先生がアンケートなどの調査による結果を報告されたのですが、その中の分析結果のひとつです。
WLBとモチベーションの相関性が強いことを示すものですし、反対から見てみれば、WLBを実現するためにはコミュニケーションを密にとる必要がある、ということにもなります。

コミュニケーションの量はもちろんなのですが、質も大切だと考えています。
時間的な制約がある人にとって、「単に時間をかければいいだろう」というコミュニケーションスタイルは逆効果かもしれません。
むしろ短時間だけれども端的に自分のことをわかりアドバイスをくれたり、
日頃の1分2分の話の中で本質に迫るようなコミュニケーションのほうが重要なのかもしれません。

これまでの日本企業では「飲みニケーション」といわれるほど、飲み会に参加するかどうかで情報量が変わり、仕事の内容が変わり、昇進スピードがかわっていく慣行があった、と聞いています。
こうしたコミュニケーションがとれる相手は「もうひとつの2007年問題」を考えるとどんどんと減っていくわけですから、マネジメントも違ったスタイルのコミュニケーションスキルを身につけなくてはいけなくなるでしょう。

武石先生のご発表はほかにも興味深い項目が多く、もっとたくさんご紹介したいのですが、後日上HPにもアップされるようですのでそちらをご覧いただけると幸いです。

そして、昨日のシンポジウム、なんと小渕少子化担当特命大臣がいらっしゃいました。
弊社の小室と同世代の大臣がどんなことをおっしゃるだろうか、まさか少子化だけを解決しようとおっしゃったりしないか・・・?とちょっとドキドキしていたのですが、さすが・・・!でした。
まさに経済が苦しい今だからこそ、ワーク・ライフバランスを使って企業力をつけていく必要があり、それに対して政府も支援を続けていきたい、という内容でした。
お若い大臣ということで違う面からも注目されがちなのかもしれませんが、若い世代だからこその視点があり、それを国政に反映していく気概をもたれている方なのでは、と感じました。
国の強いバックアップをいただけると日本でのワーク・ライフバランスのスムーズな浸透も進むのでは、と期待しています!

|

2009年1月21日 (水)

■学生さんの新鮮な驚きを受けて

こんにちは、株式会社ワーク・ライフバランス 事務局の大塚です。

先日は関西の大学生にワーク・ライフバランスについてお話してきた、とお伝えしましたが、
20日は新潟大学でのイベントにお招きいただきまして、またまたワーク・ライフバランスについてお話してきました。

学生団体が主催するイベントで、スタッフさんによると「何人集まるか・・・」という不安な様子。
でも結果は男女にかかわらずたくさんの学生さんが集まってくれ、熱心に耳を傾けてくれていました。

さまざまな大学におうかがいしてお話していますけれども、
やはり大学や地域によって特徴があり、できるだけ印象に残してもらうためにはどんな言葉が響くのか、考えながらの講演になります。
新潟大学さんの場合、まだ将来のことなんて・・・とイメージがわいていない1年生から、
就職活動まっただなかの3年生までと集まってくれた学生の学年の幅が広く、
60分という時間内でどれだけ伝えられるか、私にとってもチャレンジでした。

大阪につづいてとても反応がよく、
・GEM(女性の政治や経済に参画している率)が日本54位というのは、おどろきでした。どうにかしなければなりませんね。(教育3・女)
・今までワーク・ライフバランスについてあまり意識していなかったのですが、すごく大切なことなんだと感じました。(経済2・女)
・何回か共感して、感動してしまうことがありました。(農4・男)
・これから努力するきっかけになりました。ありがとうございました。(経済3・女)
・ワーク・ライフバランスの大きな考え方から、実践や具体的な例を挙げた話まで、とてもわかりやすかった。大塚さんの姿勢が素敵だなと思った。夢を頑張りたい。と思えた。またそれにつなげて考えられた。(教育3・女)
などなどたくさんの感想をいただきました。

何より、懇親会で話しかけてくれた何人もの学生さんが涙ぐみながら決意を語ってくれたのが印象的で、
彼女・彼らが社会に出るまでになんとかワーク・ライフバランスを浸透させなければ、と私も決意を新たにしました。

次回は企業のご担当者さまにもご一緒いただいて、生の声を聞かせてあげたい!
こんなに素敵な企業があるんだよ!ということを伝えてあげたい、と思っています。
ご協力いただける企業様、どうぞ宜しくお願い申し上げます!


|

2009年1月19日 (月)

■関西の大学生のみなさんにWLBをお伝えしてきました

こんにちは、株式会社ワーク・ライフバランス 事務局の大塚です。

先週17日(土)、大阪のNPO法人JAEさんにお招きいただき、関西の大学生の皆さんに「ワーク・ライフバランス」についてお話してきました。

何度かおうかがいしている団体なのですが、今回は若いうちに視野を広げることが大切であり、そのためのアクションを起こしてほしい、という願いから、私のこれまでの経験とワーク・ライフバランスという考え方について話してほしい、というご依頼でした。
テーマから「女性が多いのでは・・・」と事前にうかがっていたのですが、会場に足を踏み入れてびっくり!
なんと半数くらいが男子学生だったのです。

しかも、講演前に「どんなことを聴きたい?」とたずねると、「ワーク・ライフバランスの本質を知りたい」「実現するにはどうしたらいいのか知りたい」というかなり具体的なそして専門的な分野に興味を持っている人も多く、意識の高さに驚かされました。
もちろん中には「私も仕事をしていきたいけれど、彼が賛成してくれなくて・・・」「本当に出産を経て働けるか、不安で・・・」という方も。

私が学生時代、こんなに将来について深く考えていただろうか・・・と少し恥ずかしくなるほど、キラキラとした顔で話を聞いてくれました。

講演後もたくさん質問をいただき、夜の懇親会では恋愛相談が飛び出すなど、学生さんらしい一面もうかがいつつ、楽しい時間を過ごさせていただきました。

いただいた感想の中には、「自分の生活を見直し、行動するきっかけになった。」「気がひきしまった!もっと成長したい、もっと知りたいと思った。」なんていううれしいものもたくさん!
彼がこれをきっかけに新しい自分を発見するチャレンジをしてくれたら、と思っています。

今後もこうした学生の皆さんにもワーク・ライフバランスを知っていただくための活動を続けていきたいと思います。
JAEのスタッフの皆さん、お世話になりました!

|