« ■待機児童、減っているのでしょうか? | トップページ | ■「社会を変える」を仕事に! »

2009年6月22日 (月)

■キャンドルナイトで考える「ワーク・ライフバランス」

こんにちは、株式会社ワーク・ライフバランス 事務局の大塚です。

東京は梅雨空が続いていますが、皆さんのお住いの場所はいかがでしょうか?

昨日は父の日、そして「キャンドルナイト」の日、でしたね。
活動に参加された方はいらっしゃいますでしょうか?

キャンドルナイトとは→http://www.candle-night.org/jp/index.html

去年までは正直あまり興味がなかったのですが、今年は少しやってみようかな・・・と思い、
いつもより電気を少なめにしてみました。
(本当は全部消さないといけないのですが・・・来年は娘も3歳、キャンドルでやってみよう!と思います)

煌々と電気がついている夜よりも、どことなくゆったりとして、スローな時間を過ごすことができました。
薄暗い中で、改めて「ワーク・ライフバランス」について考える中で、
(そんなときでもワーク・ライフバランスか!と突っ込まれそうですが・・・笑)

「働き方を変えること」と「地球にいいことをすること」は近いところにあるように感じました。

たとえば、
18時に会社を出ることで企業で消費する電力を減らすことができ、
家族でもしくは恋人と食事をとることで会話が増え精神的な安定を手に入れられて、
いつもよりも少し早く寝て早く起きる生活にかえることで自然の光をうまく利用することができるだけでなく、
脳の回転もよくなり効率があがる・・・

少しこじつけ、かもしれませんが、でもつながっているように思います。

ECO活動!なんていうとハードルが高い人も、
自分の働き方を少しだけ見直してみてはいかがでしょうか。
昼が長くなる夏からスタートするといいかもしれませんね!


|

« ■待機児童、減っているのでしょうか? | トップページ | ■「社会を変える」を仕事に! »