« ■新型インフルエンザ対策と出張・会議規制 | トップページ | ■いよいよ第2期養成講座がスタートします! »

2009年5月19日 (火)

■採用活動とワーク・ライフバランス

こんにちは、株式会社ワーク・ライフバランス 事務局の大塚です。

企業におけるワーク・ライフバランスに対するニーズには様々なものがありますが、そのうちのひとつに「採用力を上げる」ということがあげられます。
2007年問題で団塊世代が大量退職した後、これまでよりも少ない人数でこれまで以上に質の高い仕事をしなければなりません。
非常にシビアな時代がやってくるわけですが、その時代を乗り切るために「優秀な人材をひとりでも多く採用する」ということが必要になる企業も出てきます。

そんなとき、ワーク・ライフバランスを取り入れることでだれしもが働きやすく個性を生かして生産性の高い仕事をする環境を作っていることは、新規採用の際に他社よりも優位に立てるポイントにもなります。

昨今は不景気の影響もあり、採用人数を絞る企業も増えています。
しかしその一方で、優秀な学生を採用できるチャンス、とみている企業もあるようです。
企業だけではなく、地域に若者を!ということで宮城県警などは初めて東京の合同企業説明会に参加するなど、力をいれる自治体も増えています。

また、長期的な視野で考えると、今年の採用人数の多少にかかわらず、多様性を受容できるような環境づくりをしていくことはとても大切だと改めて感じました。

|

« ■新型インフルエンザ対策と出張・会議規制 | トップページ | ■いよいよ第2期養成講座がスタートします! »