« ■なぜ、ワーク・ライフバランスコンサルタントが求められるのか | トップページ | ■残業とデート、どちらをとる? »

2009年5月12日 (火)

■悪循環から抜け出すための先導役

こんにちは、株式会社ワーク・ライフバランス 事務局の大塚です。

昨日は、なぜワーク・ライフバランスコンサルタントが必要なのか、弊社の思いも交えてお伝えいたしました。
メールマガジンをお読みいただいている方はすでにご覧になっているかもしれませんが、実は今回の講座、かなり弊社も力を入れております。

世界各国に比べて、「生産性」という視点でかなり劣っている日本。
今なんとかしなければ、将来の「先進国」という地位は危うくなっていくのではないでしょうか。
先日ある方にお目にかかったときに、しきりに「シンガポールにすでに負けている」とおっしゃっていました。
ビジネスの最前線に立つ方からすると、【将来】ではなく【現在進行形】の話なのだな、と感じたのを覚えています。
長い時間かけて働いているけれども付加価値は低い、そんな悪循環から抜け出すために、ワーク・ライフバランスに精通した専門家に様々な業種・業態・規模でお手伝いいただきたい。
本気でそう思っています。

そこで、代表の小室も含め、弊社コンサルタント全員でプログラムを考えて準備を進めています。
「株式会社ワーク・ライフバランス」がやるからには、どんなプログラムにしたら喜んでいただけるのか。
実際にお客様のところにお邪魔した際、どのようなステップでコンサルティングは進んでいくのか。
また、具体的な解決手法にはどのようなものがあるのか。
多くの視点がワーク・ライフバランスには必要になります。
当然時間も足りない!!!というところですが、できるだけ多くの情報をお伝えしたいと思っています。

ここまでご紹介すると、
「株式会社ワーク・ライフバランスの『ワーク・ライフバランスコンサルタント養成講座』はどこがスゴイの?」
と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで、どこがスゴイのか、いくつかピックアップしてみました!


◎1「メンター制を導入!当社コンサルタントが直接指導」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
コンサルタントの経験がない方でも最後まできちんと受講いただける
よう、現場第一線で活躍するコンサルタントが受講期間中サポートします。
講座では聞けなかった基本的なことももちろんOK!


◎2「課題・自宅学習もきっちりサポート」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
課題への取り組み方や自宅でワーク・ライフバランスを学ぶ方法についてもコツを伝授!
講座修了後も旬なワーク・ライフバランス情報を手に入れる術を身に付けられます。


◎3「弊社代表小室淑恵が毎回メイン講師!」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
いまや人気講師となった小室が毎回直接指導!
皆さんのワーク・ライフバランスに関する疑問にその場で答えます。
(一部別講師にて担当することがございます)


◎4「小室監修『オリジナルテキスト』を使用!」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ワーク・ライフバランスのエッセンスがつまったデータ満載のオリジナルテキストを使用します。
講座修了後も一定範囲で使用いただくことができます。


◎5「実例が豊富!効果があったノウハウだけをお伝え!」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
のべ700社以上ものコンサルティングの経験をできるだけ多く受講生にお伝えします。
実務で聞かれる他社事例の収集にも役立ちます。


◎6「お伝えしたノウハウの活用を積極推進!」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ワーク・ライフバランスは広めていかねば進みません!
受講生の皆さんには積極的にお伝えした情報をお使いいただき、ご自身のお仕事の幅も広げていただきたいと思っています。


◎7「すぐ活用できる資料を毎回提供!」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ワーク・ライフバランスの専門家でなければ手に入らない資料や最新の情報を毎回ご提供します。
自身のスキルアップだけでなくお客様への提供情報としても有益!


◎8「他社では例のない『ワーク・ライフバランスコンサルタント』認定制度!」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ワーク・ライフバランスについて学び一定水準をクリアした方にはその証として、弊社より「ワーク・ライフバランスコンサルタント」として認定させていただきます!


◎9「弊社加盟コンサルタントへの道も!」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ワーク・ライフバランスコンサルタントとして実績を積んでいただくと、弊社ホームページで紹介させていただく等加盟コンサルタントへの道も!
新たなビジネスチャンスが広がります。


◎10「受講生同士のコミュニケーションにより人脈構築が可能!」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
本講座にはワーク・ライフバランスにご関心の高い方が多く集まります。
新たな人脈を作ることによって、ワークでもライフでも幅が広がります。
一緒に日本を変える同志を見つけましょう!


・・・なんと、10も挙がってしまいましたが、「お持ちでない小室の本を1冊プレゼント!」など、まだまだお伝えしたい魅力はたくさん!

3日間みっちりと小室とともにワーク・ライフバランスについて学んでいただき、ワーク・ライフバランスの推進役をつとめるコンサルタントに1人でも多くの方に挑戦していただきたいと思っています!

──*──*──*──*──*──*──*──*──*──*──*──*

【講座名】ワーク・ライフバランスコンサルタント養成講座

【日時】
・第1日目 5月21日(木)(受付開始12:45)13:00~17:00
・第2日目 6月24日(水)(受付開始12:45)13:00~17:00
・第3日目 7月29日(水)(受付開始12:45)13:00~17:00

【場所】株式会社アゴスジャパン 103教室
    JR「渋谷」駅西口の南改札徒歩4分
 ★MAP: http://www.agos.co.jp/about/map/index.html

【対象】
企業内の人事・ワーク・ライフバランス推進ご担当者様、
社会保険労務士様や中小企業診断士様、
その他ワーク・ライフバランスにご興味をお持ちの方
※基本的に上記3日の講座全てにご参加頂けることを前提
とさせて頂きます。

【人数】30名様まで

【内容】
ワーク・ライフバランスの考え方が社内に浸透し、生産性の高い
働き方を身につけ、ワーク・ライフバランスの取れる企業へ変革
するために、ワーク・ライフバランス推進アドバイザーを育成
する講座です。

【受講料】一般受講料:126,000円(税込)テキスト代・終了試験科含む

──*──*──*──*──*──*──*──*──*──*──*──*

「第2期生になりたい!」
そう思っていただいた方は次の手順にてお申し込みください。
お電話でのお申し込み・お問い合わせも受け付けております。
ご不明な点は、以下までお問い合わせくださいませ。

  ◆株式会社ワーク・ライフバランス
   TEL:03-5730-3081/MAIL:info@work-life-b.com
   担当:高安、大塚

―【お申し込み手順】――――――――――――――――――――――

(1)「お申し込みフォーマット」に必要事項をご記入の上、
    info@work-life-b.comまでメールを送信いただきます。

----- お申込みフォーマット(期限:2009年5月18日)-----

   件名:【第2期WLBコンサルタント養成講座 参加希望】
   宛先: info@work-life-b.com

   ご記入内容:1.御社名:
         2.ご住所:
          3.ご担当者名(参加される方):
          4.ご連絡先(E-mail):
          5. ご連絡先(TEL):
          6.領収書が必要な場合の宛名:
          7.本講座をお知りになったきっかけ:

--------------------------------------------------------------

(2)弊社よりお申し込み受付確認のメールをお送りいたします。

(3)お申し込み受付確認メールにそって受講料をお振込み
いただきます。

(4)弊社よりご入金を確認後、受講いただく際の準備について
メールをお送りいたします。

――――――――――――――――――――――――――

|

« ■なぜ、ワーク・ライフバランスコンサルタントが求められるのか | トップページ | ■残業とデート、どちらをとる? »