« ■学童保育について | トップページ | ■小渕大臣と弊社代表小室が対談しました! »

2009年4月 9日 (木)

■一般職の管理職

こんにちは、株式会社ワーク・ライフバランス 事務局の大塚です。

「ワーク・ライフバランス」を組織の中で推進しようとするには、いくつかのポイントがあります。

よくご意見をいただくのは「制度が整っているかどうか」という点。
確かに重要な視点ですが、実際にはたくさんの制度があっても有名無実化してしまっており、利用者がまったくいなくて従業員は「うちの会社は働きにくい」と思っているケースもよく目にします。

制度を整えるだけではなく、そうした制度がしっかりと活用され、さらには制度を利用した人材がさらに社内で活躍していくことが大切なプロセスになります。

そんな流れの中で、女性管理職の増加を経営・人事目標として掲げている企業も最近では多く耳にするようになりました。
しかし、これもまたハードルが高い企業が多いですよね。

詳細はまた別の機会に述べるとして、女性の活力向上のための取組みを進めている企業事例を見つけましたのでご紹介します。

==========================
三井住友海上、一般職も課長昇進に道 女性社員の活力高める

三井住友海上火災保険は4月から、企業の一般職にあたる事務業務中心の社員が課長に昇進できるよう人事制度を改めた。
従来は主任までしかなれなかったが、管理職にあたる課長にまで昇進できる道を開き、女性社員の労働意欲を向上させる。
来年4月にも一般職の課長が誕生する見通し。
一般職のまま課長に昇進できる制度は損保業界で初めてという。

課長へ昇進が可能になるのは転勤がなく事務業務を中心に担当する一般職約7000人。
7月にまず一般職で主任となっている社員数十人を課長の一つ手前の課長代理へ登用する。

http://bizplus.nikkei.co.jp/genre/jinji/index.cfm?i=2009040310265b4
==========================

保険業界に限らず、仕事の種類によって雇用形態や役職を分けている企業は少なくないのではないでしょうか。
それぞれの業務の特性にあったキャリアパス・プランを会社と従業員が協調して作り上げていくことが、今後人材力を高め、企業力に変えていくためには必要になります。
この事例はそのプロセスの一例ではないか、と感じました。

ぜひ第一号、第二号、と続いてご活躍いただきたいですね!

|

« ■学童保育について | トップページ | ■小渕大臣と弊社代表小室が対談しました! »