« ■社内自己研鑽 | トップページ | ■在宅勤務導入事例のご紹介 »

2009年4月 6日 (月)

■小さいころから本に触れる~タリーズピクチャーブックアワード~

こんにちは、株式会社ワーク・ライフバランス 事務局の大塚です。

突然ですが、皆さん「本」はお好きですか?

私は小さいころは本の虫だったのですが、大学生くらいから、いわゆる参考書にはたくさん触れるけれども、感性を磨いたり新しい発見があったりする本から遠ざかっていたように思います。
「これではいけない!」ということで、ライフの時間を使って今はさまざまな本を読んでいるのですが、「本」という存在に抵抗感がないのは小さいころから本を与えてくれた両親のおかげ、と感謝しています。

小さいころに良質な本に触れる機会、といってもなかなか難しい・・・。
そう思った方はぜひ、タリーズさんに足を運んでみてください。

「え?カフェだけど?」

そう思われた方もいらっしゃるかもしれません!
実はタリーズさんでは「ピクチャーブックアワード」という賞をもうけ、子どもたちはもちろんオトナが読んでも感動したり新たな気づきを与えてくれる絵本を毎年表彰しているのです!

http://www.tullys.co.jp/pb_award2008/index.html

実はこのアワードの審査委員を弊社代表小室も担当させていただいています。
小室も毎年読ませていただくのを楽しみにしているようで、おかげさまでオフィスもほんわか~としたムードにつつまれます。

さらに秘密の話題ですが、今回受賞される「クマヤマダさんと私」は、小室の息子のたつみくんが大変気に入ったこともあり、小室が選んだ1冊でもあります。
子ども目線でしっかり内容も伝わった名作!と思っています。

最近癒しがほしいなぁ、と思っているオトナの皆さんも、ぜひタリーズで手にとってみてくださいね!

|

« ■社内自己研鑽 | トップページ | ■在宅勤務導入事例のご紹介 »