« ■既存施設を再利用してサービスの質をあげる | トップページ | ■自己啓発やボランティアによる休職制度 »

2009年3月 2日 (月)

■ポイント制度、お好きですか?

こんにちは、株式会社ワーク・ライフバランス 事務局の大塚です。

先週末のブログで介護業界の工夫についてお伝えいたしましたが、今日も同じ記事(日本経済新聞2009年2月11日朝刊)に紹介されていた事例をみなさまにも共有いたします。

介護業界というと人材の定着が難しい、といったお声をよくうかがいます。
それでも工夫をかさねている企業さんもたくさん!

たとえば「福祉工房」という名称で介護サービスを手掛ける小俣昌彦事務所さん(山梨県)では、訪問介護のパート従業員に勤務時間に応じてポイントを付与する制度を取り入れているそうです。
ポイントはなんと!ハワイ旅行などと交換できるそうで、とても魅力的。
しかも「人材確保」という観点からみると、友人を従業員として紹介した場合にもポイントが付与されるのでとても有効です。

実はこのポイント付与制度、ワーク・ライフバランスを進めるうえでの工夫として取り入れている企業さんは結構あります。
たとえば、夜シフトを代わってあげた場合には、福利厚生などのポイントを倍付したり追加付与するといったかたちで、モチベーションアップに寄与しています。

ひとりひとりが自分の仕事に前向きになれるような仕掛けを組織として作っていくことは、これからどんな業界でも求められる手法ですよね!

|

« ■既存施設を再利用してサービスの質をあげる | トップページ | ■自己啓発やボランティアによる休職制度 »