« ■他者を受け入れる歴史がある | トップページ | ■計画年休のすすめ »

2009年3月12日 (木)

■就業時間後の居場所

こんにちは、株式会社ワーク・ライフバランス 事務局の大塚です。

先日、3月1日の日本経済新聞で面白い最近の動向が紹介されていました。
「エコノ探偵団」というシリーズ記事で、昨今の景況感から、働く方の残業時間が減っている、その減った時間はどこに?ということで「有料自習室」がテーマとして取り上げられていました。

会社としては「早く退社させたい」という危機感、
個人としては「次の仕事、キャリアのために自己研鑽していかねば」という危機感、があります。

会社の危機感は素早くあらわれ、残業削減の取組などが活発に行われていますね。
それをうけて、個人も早く帰れるようになった、ということで、生まれた時間を自らの研鑽に費やす人が増えているそうです。

たとえば、資格取得などの勉強も、自宅で勉強するより、カフェなどを選ぶ人も増えているとか。
確かに自宅だと家族やTVなどの誘惑が多く、集中するには程遠い環境かもしれません。

記事の中で紹介されていたのは、コクヨ株式会社さんが運営されている「DESK@」という仕組み。
15分単位でスペースや部屋が借りられ、インターネット環境なども完備されています。
日中のちょっとした空き時間にも活用できますが、最近は就業時間後に利用する人が増えているそうです。

調べたところ、土曜日は1日2700円でお席使い放題の「サタデーパス」サービスというサービスも実施中の様子!

自己研鑽する場所を探している方はぜひ確認してみてくださいね!

|

« ■他者を受け入れる歴史がある | トップページ | ■計画年休のすすめ »