« ■「子育てに自信が持てない夫は、1日何時間働いている?」という調査 | トップページ | ■短時間化しないほうがいいもの »

2009年2月16日 (月)

■会議の進め方

こんにちは、株式会社ワーク・ライフバランス 事務局の大塚です。

様々な企業にお邪魔してコンサルティングさせていただいておりますが、よくいただく質問は「会議の進め方」。
なかなかスムーズに進まない、時間通りに終わらない、結論が出ない・・・
そんなお悩みを耳にします。

もちろん私どもは会議の専門家ではありませんが、ワーク・ライフバランスを実現するためには会議時間を少しでも短く、でもきちんとした回答を得ることは捨てたくない、そんな思いで様々な手法を試しています。

研修を受けることもありますが、多くの書籍から学ばせていただくことも多く、今日は何冊かご紹介できればと思います。

■1回の会議・打ち合わせで必ず結論を出す技術 (単行本(ソフトカバー)) 斎藤 岳 (著)

こちらは紹介されている手法が具体的でわかりやすいのがおすすめです。
5分後に始まる会議でも使えるはず。
私が印象的だったのは「脱線してはいけない方向」も見える化する、ということ。
確かに脱線は気付かないうちに始まっているもの。
短時間で結論を出すためには脱線すらしっかり把握しておきたいですよね。

■すごい会議-短期間で会社が劇的に変わる! 大橋 禅太郎 (著)

こちらも一時期大変話題になりました。
内容も面白く、また簡単に読み進めることができるため、実践への意欲を損なわず、よいテンションで会議に向かうことができます。
後半では具体的な手法も紹介されており、お買い得感たっぷりです。

■「会議ファシリテーション」の基本がイチから身につく本  釘山 健一 (著)

会議をうまく進めるためには議長のファシリテーション能力に大きな影響があります。
・・・でも、ファシリテーションってどんなスキル??
そう思った方は一度ご覧いただくとよい本だと思います。
ぐっとファシリテーションが身近になるのではないでしょうか。


実はノウハウをお持ちの方はたくさんいらして、その方々の発信している情報に触れるか触れないかでずいぶんと自分のスキルも変わってくるな、と実感します。
皆さんも興味のある分野、伸ばしたい分野に関する書籍を手にとってみてくださいね!
(そのためには「ライフ」の充実が重要ですね♪)

|

« ■「子育てに自信が持てない夫は、1日何時間働いている?」という調査 | トップページ | ■短時間化しないほうがいいもの »