« ■第1回ワーク・ライフバランスコンサルタント養成講座、開催しました! | トップページ | ■残業代が6年ぶりに減少 »

2009年2月 3日 (火)

■パパの育児休業体験記

こんにちは、株式会社ワーク・ライフバランス 事務局の大塚です。

みなさんの周りに、男性で育児休業をとられた方はいらっしゃいますでしょうか?
・・・まだまだ少ないのでは、と思います。

でも、実は最近この「パパ」たちがとても注目をされています!
「かっこいい」の代名詞になっていたりするほどです(わが社だけでしょうか)。

そんなパパたちの体験記をまとめたものがこのたび内閣府からリリースされました!
その名も「パパの育児休業体験記」。
http://www8.cao.go.jp/wlb/change_jpn/taikenki/h20/index.html

冒頭で西垣淳子さんが以下のように記されています。
―――――――――――――
(抜粋)
第三子出産前の夫は、自分の都合のよいときにだけ子どもを見てくれるという「育児のお手伝い」でした。
最後は、「俺には仕事がある」という言葉で逃げ切られてしまいます。
「君が休めないのか」「誰か他の人に頼んでくれよ」といわれることはあっても、「俺が何とかする」とは言いませんでした。

夫も「育児」をしている今は、私の負担と責任は、半減どころか、精神的には10分の1ぐらいになりました。
夫が「育児」をするようになったきっかけは、育児休業取得です。
子育てを自分で100%行うことにより、自分のかつての「育児のお手伝い」が、いかに「育児」と呼べないかということを痛感したようです。
―――――――――――――

海外では父親に「育児」を意識させるという意図も込め、パパクオーター制といった制度を導入している国もあります。
「本当の育児」とは何なのか、これはきっと母親だけが考えるものではなく、父親やパートナーもともに、家族全員で考えていくことであるはず。
この体験記を読んで、こんなパパが日本中に増えたら、きっと少子化だって解消するのでは?!と勇気づけられました。

「育児休業をとるなんて・・・」と思っている昔のパパたちにもぜひご覧いただきたいですね♪

|

« ■第1回ワーク・ライフバランスコンサルタント養成講座、開催しました! | トップページ | ■残業代が6年ぶりに減少 »