« ■関西の大学生のみなさんにWLBをお伝えしてきました | トップページ | ■東京大学「ワーク・ライフ・バランス推進研究プロジェクト」シンポジウムがありました! »

2009年1月21日 (水)

■学生さんの新鮮な驚きを受けて

こんにちは、株式会社ワーク・ライフバランス 事務局の大塚です。

先日は関西の大学生にワーク・ライフバランスについてお話してきた、とお伝えしましたが、
20日は新潟大学でのイベントにお招きいただきまして、またまたワーク・ライフバランスについてお話してきました。

学生団体が主催するイベントで、スタッフさんによると「何人集まるか・・・」という不安な様子。
でも結果は男女にかかわらずたくさんの学生さんが集まってくれ、熱心に耳を傾けてくれていました。

さまざまな大学におうかがいしてお話していますけれども、
やはり大学や地域によって特徴があり、できるだけ印象に残してもらうためにはどんな言葉が響くのか、考えながらの講演になります。
新潟大学さんの場合、まだ将来のことなんて・・・とイメージがわいていない1年生から、
就職活動まっただなかの3年生までと集まってくれた学生の学年の幅が広く、
60分という時間内でどれだけ伝えられるか、私にとってもチャレンジでした。

大阪につづいてとても反応がよく、
・GEM(女性の政治や経済に参画している率)が日本54位というのは、おどろきでした。どうにかしなければなりませんね。(教育3・女)
・今までワーク・ライフバランスについてあまり意識していなかったのですが、すごく大切なことなんだと感じました。(経済2・女)
・何回か共感して、感動してしまうことがありました。(農4・男)
・これから努力するきっかけになりました。ありがとうございました。(経済3・女)
・ワーク・ライフバランスの大きな考え方から、実践や具体的な例を挙げた話まで、とてもわかりやすかった。大塚さんの姿勢が素敵だなと思った。夢を頑張りたい。と思えた。またそれにつなげて考えられた。(教育3・女)
などなどたくさんの感想をいただきました。

何より、懇親会で話しかけてくれた何人もの学生さんが涙ぐみながら決意を語ってくれたのが印象的で、
彼女・彼らが社会に出るまでになんとかワーク・ライフバランスを浸透させなければ、と私も決意を新たにしました。

次回は企業のご担当者さまにもご一緒いただいて、生の声を聞かせてあげたい!
こんなに素敵な企業があるんだよ!ということを伝えてあげたい、と思っています。
ご協力いただける企業様、どうぞ宜しくお願い申し上げます!


|

« ■関西の大学生のみなさんにWLBをお伝えしてきました | トップページ | ■東京大学「ワーク・ライフ・バランス推進研究プロジェクト」シンポジウムがありました! »