« ■緊急事態に備えて | トップページ | ■ママさんランナーとワーク・ライフバランス »

2009年1月28日 (水)

■パンデミック対策で感動!

こんにちは、株式会社ワーク・ライフバランス 事務局の大塚です。

昨日、「緊急事態」への対処法について書かせていただきましたが、先日おうかがいした企業様のパンデミック対策が素晴らしく、簡単ではありますが紹介させていただければと思います。

その企業様ではすでにパンデミックが発生することを前提に、社内が混乱して業務が全停止してしまわないような対策を打たれていました。
対策を打っているところは多いと思いますが、そのレベルがすごい!
従業員おひとりずつにマスクなどを配布しただけでなく、感染力の強いウイルスであるという特性を考えてスタッフを一定距離に配置するため、一部のスタッフには在宅勤務を会社の指示でさせるそうです。
それだけではなく、きちんと予行練習をすることで何に支障があるか、通常業務につくまでにどの程度時間がかかるかを把握し、改善を重ねるとか。

これもすべては「お客様にご迷惑をおかけしないため」、とうかがい、感動しました。
もちろん多かれ少なかれ同様のことを考えている企業がほとんどだと思いますが、ここまで徹底している企業はあまりないのではないだろうか。
そんなふうにお話をうかがいながら感じていました。

弊社の場合は少人数ですので在宅勤務や感染が強い場合の出勤停止処置などもとりやすいのですが、企業規模が大きくなればなるほど徹底するのは大変です。
一部の社員は誤った愛社精神から、ウイルスを保持したまま出社してきてしまう、そんなケースもあるかもしれません。
自分ひとりの行動が大きなリスクになる、ということをいかに伝えていけるかが、ワーク・ライフバランスについてもポイントになるように感じた出来事でした。

|

« ■緊急事態に備えて | トップページ | ■ママさんランナーとワーク・ライフバランス »