« ■父親の育児参加を促すために | トップページ | ■日本版パパ・クォータ制 »

2008年12月 5日 (金)

■小さいお子さんがいらっしゃる方必見!

こんにちは、株式会社ワーク・ライフバランス 事務局の大塚です。

今日はいつもと少し違った話題です。
若干、自分の宣伝にもなるようで大変恐縮なのですが(笑)、お付き合いいただけますと幸いです!

昨年4月に娘を出産してから、モノやコトを見る目が変わったなぁ、と実感することが多くあります。
例えば、いつも道ですれ違う学校の先生も、これまでは「あー先生かー」という程度だったのですが、今は「何かあったときに助けてくださるのは地域の方々よね!」と思い、積極的にこちらから挨拶をしたり。
思考が変われば行動も変わる、とはこのことだな、と思います。
(そうこうしているうちにとっても仲良しになってしまい、送りの時間が少しずれただけでも心配いただくほどに…ありがたいことです!)

生命について考えることも増えました。
何にだっていのちがあって、それを最大限いかすことが自然界では「自然」なことだよなーと思ったり。
特に娘はお花が大好きで、指をさしては「あ!あ!」と教えてくれます。
私も以前から好きで自分で活けることも(子どもが生まれるまでは)していました。

そんな花好き(?)な私が今度、とあるイベントのお手伝いをさせていただけることになりました。
その名も「『花と笑顔』こども絵画コンクール」。

コンセプトは、

「こどもたちに、花や緑を身近なものと感じ、
花を贈り贈られる喜びをこどものうちから体感することにより、
人を思いやる心を持ち、笑顔になって欲しい・・・という願いを込めて、
第1回「花と笑顔」こども絵画コンクールを開催します。
こどもたちの笑顔をきっかけに、関わる方がみんな笑顔になる・・・
そんな取り組みになればと思っています。 」

とのこと。

子どもたちに思いをこめて絵を描いてもらうイベントで、実は審査委員のひとりとして私も参加させていただけることになりました!
素晴らしい機会をいただけたのも娘のおかげ、と、こんなところでも「ワーク・ライフバランス」を感じていますが、
本当に素敵なイベントになりそうですので、小さいお子さんがいらっしゃる方は是非HPをご覧になってくださいね。

我が家の娘が1歳7ヶ月でなかったら…!と思わずにはいられません。
というのも娘が書く絵はまだぐしゃぐしゃなのです。。。
審査委員としては、心おきなく、公正に審査できる!と意気込んでおります。
(子どもたちの素直な感性に触れてきっと泣いてしまうのでは、と今からドキドキですが。。。)

|

« ■父親の育児参加を促すために | トップページ | ■日本版パパ・クォータ制 »