« ■長時間働く人=デキる社員?! | トップページ | ■ライフでの出会い »

2008年12月18日 (木)

■PCの電源管理で数百万円が…

こんにちは、株式会社ワーク・ライフバランス 事務局の大塚です。

市況が大きくかわり、様々なところで「コスト削減」が行われています。
「削減」というと、残業や人、という言葉を思い浮かべがちで、ワーク・ライフバランスとの関連性も高い、と思われているようですが、普段何気なく生み出しているものに対するコストを削減してみる、というのが実は身近な一歩なのでは、と思います。

日経コンピュータの記事によると、パソコンの電源管理による電気料金の削減はかなりの額になるそうです。
試算によると、夜間や休日のパソコンの電源断を徹底することで、1台当たりのコストを年間4000円削減できるとか。
パソコンが1000台あれば、数百万円単位で節約できる計算になります。

ちりもつもれば・・・ということで、こうした地道な節約が企業の収益体制を支えるのでは、と思います。

もちろん、こうした電源管理も手動で実施するには限界が。。。
自動化ユーティリティを導入するなどの手段を用いて誰でもできるようにしていかないと、効果が見えないことも出てくると思います。
そこへのコストを考えて足踏みするのか、導入後にずっと節約できる、これまでロスだった部分を減らすのか、対比して考えていただきたいな、と思います。

また、こうしたコスト削減、実はITが非常に大きな役割を担っている、とも思います。
私もまだまだIT分野は勉強不足なところがありますので、これからさらに情報収集していかねば!と思っています。

|

« ■長時間働く人=デキる社員?! | トップページ | ■ライフでの出会い »