« ■広島県の調査:短時間勤務導入が進んでいます | トップページ | ■ワーク・ライフバランス成功の秘訣は仲間の存在 »

2008年10月23日 (木)

■良妻賢母型を望む人が多い?

こんにちは、株式会社ワーク・ライフバランス 事務局の大塚です。

先日ご紹介した@nifty businessのコンテンツが昨日更新されていました!
今回は~仕事・家庭に対する男女の意識、価値観の現状~がテーマです。

―――――――――――――
先進各国間にあるギャップから、日本におけるワークライフバランスの現状を考察しました。
その結果からは、制度整備だけでなく、国民全体の意識変革が必要なことが分かってきました。
では、国内におけるラークライフバランスに対する考え方はどのような状況なのでしょうか。
今回は2007年8月に内閣府が行った「男女共同参画社会に関する世論調査」を基に、男女の意識にスポットを当て、今後、日本でラークライフバランスを推進するうえで課題となる点やその解決の糸口を探っていきましょう。
前半では女性が仕事を持つことや家事に対する男女の意識面でのギャップ、後半では、そのギャップをなくしていくためにどうすればよいかを考えていきます。
http://business.nifty.com/articles/balance/081022/
―――――――――――――
この調査、かなり面白いデータが出ていますね!
家事分担の話や、まだまだ「良妻賢母」を望む男性が多いことなど、興味深いです。

これから日本でワークライフバランスを実現するには、男性の協力が不可欠。
「夫は外で働き、妻は家庭を守るべき」という意識が変わっていくといいな、と思います。
そのためには「なぜ今ワーク・ライフバランスなのか」を1人でも多くの人にわかっていただきたいな、と思っています。

|

« ■広島県の調査:短時間勤務導入が進んでいます | トップページ | ■ワーク・ライフバランス成功の秘訣は仲間の存在 »