« ■ワーク・ライフバランス成功の秘訣は仲間の存在 | トップページ | ■テレワークとエコ »

2008年10月27日 (月)

■女性の活用が進んでいる企業ランク

こんにちは、株式会社ワーク・ライフバランス 事務局の大塚です。

日経WOMANさんが毎年表彰している女性活用度ランキング、トップ100に入った企業を業界別に分類すると、最も多いのは電機・精密業界と銀行・証券、それぞれ18社と17社がランクインしました。

http://woman.nikkei.co.jp/special/article.aspx?id=20081010f1000f1

中でも電機・精密業界は、日本IBM、松下電器産業など、総合ランキングで上位を占める企業が多数。
「会社の枠を超えて業界全体で女性活用に取り組んできた結果、制度が充実しています」と富士通総研・渥美由喜さんもおっしゃっています。
さらに、「男社会」と言われていた銀行や証券会社でも、この数年で女性活用のための専任組織が続々と誕生しました。
また、「転勤のない総合職」を設ける企業や、結婚などで一度退職した女性の再雇用に乗り出すところが増えており、女性にとって働きやすい制度が整いつつあります。
今後は、女性の人材育成や管理職への登用がカギとなりそうです。

詳細は上URLをご覧いただきたいのですが、ワーク・ライフバランスやダイバーシティを企業で進めていくにあたり、女性活用といった側面から着手する企業はとてもたくさんあります。
そこで得たノウハウを男性も含めた全社員に展開していく、そこがワーク・ライフバランス実現のポイントになるでしょう。
女性活用で得たコツをそのままいかせる組織もあれば、多少アレンジして進めないと難しい組織もあると思います。
いずれにしても大切になるのは意識の統一。
ワーク・ライフバランスは女性や子どものいる人のみのものではなく、全社員にとって必要な考え方だ、ということをいかに多くの社員に考えてもらえるか、が成功の秘訣です。
「継続は力なり」といいますが、この意識統一もまさに継続が大切。
何度も何度も繰り返し伝えていくことが必要になります。

これから意識改革・統一を実施する方、ひとりでやろうとするととてもパワーがいります。
是非チームを結成していただいて、1+1=2以上のエネルギーを作り出していただきたいと思います!

|

« ■ワーク・ライフバランス成功の秘訣は仲間の存在 | トップページ | ■テレワークとエコ »