« ■良妻賢母型を望む人が多い? | トップページ | ■女性の活用が進んでいる企業ランク »

2008年10月24日 (金)

■ワーク・ライフバランス成功の秘訣は仲間の存在

こんにちは、株式会社ワーク・ライフバランス 事務局の大塚です。

先日10月10日、日本ヒューレット・パッカード(日本HP)など国内企業5社が主催する、女性社員を対象とした異業種交流イベント「Women's Summit Tokyo 2008」が開催されました。
回のイベントのテーマは、「Managing My Career ~キャリアの歩き方~」。
"ダイバーシティ(多様性)"をテーマに、労働現場における女性をはじめとする多様な人材の登用の必要性が話し合われた前回のイベントから一歩進み、結婚・出産後も仕事を続ける女性がどのようにキャリア形成を行っていくべきかを考えるための講演やディスカッション、交流会などが企画されたそうです。

http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/10/22/wst2008/

この中で、NTTデータ 代表取締役副社長の榎本隆氏による基調講演が行われたそうです、
詳細は上記事をご覧いただきたいのですが、「支えるのは仲間。自分の苦しみをわかってくれる人をひとりでも多くつくっていけば、楽しいキャリア形成ができるのでは」というメッセージに共感しました。

楽しいときも苦しいときも、仲間の存在がなければそれを喜ぶことも乗り越えることもできないのではないでしょうか。
ワーク・ライフバランスの実現には仲間の存在が欠かせません。
よりよいコミュニティを作っていくためにも、ポジティブな仲間意識が大切ですよね!
弊社でも時折プライベートタイムを使ってBBQを実施したり、あえて夜に懇親会をして(数ヶ月に1度なのと、何ヶ月も前からわかっているので育児中でもなんとか都合をつけられるのです!)、仕事以外の一面を知る機会を作っています。
頻繁すぎると逆効果ですが、時々こうした時間を持つこともとても楽しく大切だな、と思います!

|

« ■良妻賢母型を望む人が多い? | トップページ | ■女性の活用が進んでいる企業ランク »