« ■海外と比べて日本のWLBは? | トップページ | ■日本の潜在労働力を活用すべし! »

2008年10月17日 (金)

■子育て中に夫にして欲しいことランキング2008

こんにちは、株式会社ワーク・ライフバランス 事務局の大塚です。

今日は面白いデータが発表されたので、そちらのご紹介です!

――――――――――――――――――――――――――
子育て中に夫にして欲しいことランキング2008
http://ranking.goo.ne.jp/ranking/018/childcare_help_2008/
――――――――――――――――――――――――――
そこで子育て中に夫にしてほしいことを聞いたところ、「子どもと一緒に遊ぶ」が1位。
2位は「子どもをお風呂に入れる」、3位は「子どもを注意する/叱る」と、子どもと過ごす時間をもっと持ってほしいと思う妻が多いという結果になったようです。

コンサルティングにうかがった企業でよく耳にするのが「ライフの時間が出来たのだけど、何をしたらいいのか…」というお父さんたちの声。
もちろんお勉強!自己研鑽!というのも素晴らしいのですが、少し立ち止まって家族のことを振り返り、子どもと過ごす時間を増やしてみるのも手かもしれませんね。
奥様もにっこり、となるといいのですが♪

内閣府が発表した平成20年度版の「男女共同参画白書」によると、共働き世帯において、夫の家事・育児・介護等にかける総平均時間が30分なのに対し、妻は4時間15分。
妻が専業主婦の場合でも、夫が39分に対し妻は6時間21分となっており、妻が働いているか否かに関わらず夫の育児や家事にかける時間は圧倒的に少ないという結果も出ています。
かなり大きな差が出ていることにびっくり!
もしかすると、「関わっている人」と「関わっていない人」との差が日本は大きいのかもしれません。

今回は「子ども」が中心の結果ですが、ご結婚されていない方も「両親はどうしてるかな」「きょうだいは元気かな」と思い返す機会を持ってみていただくのもよいのでは。
この土日、ご家族との時間を増やし、「ライフ」を充実させてみてくださいね!

|

« ■海外と比べて日本のWLBは? | トップページ | ■日本の潜在労働力を活用すべし! »