« ■医療での両立支援 | トップページ | ■有給休暇の新たな名称 »

2008年7月 2日 (水)

■有給休暇取得率、いかがでしょうか。

こんにちは、株式会社ワーク・ライフバランス 事務局の大塚です。

セミナーや研修などでよく、「『ワーク・ライフバランス』を実現するためには、1分でも早く会社を出ましょう!」とお伝えしていますが、
お休みをとる、つまり有給休暇を取得することも最初の一歩といえるでしょう。

みなさんは有給休暇、どのくらい使っていらっしゃいますか?

恥ずかしながら私は前職の有給休暇をほぼ1ヶ月ほど残して退職しました。
つまりほとんど繰り越していた、というのが実態でして…。
今思うと、まったくワーク・ライフバランスがとれていない(とる気がない)生活だった、と反省します。

取得日数は会社さんによっても大きくかわってくるとは思いますが、
最低でも10日程度は取得していただかないといけない、という流れがきているように思います。

とはいえ、ただ単に「休んでください」というだけだとあまり効果はありません。
なぜなら、「オレが休んでいる間にあいつが頑張ってしまったら…!」とか、
私が休んでいる間に、この仕事に何か緊急事態が起こってしまったら…!」とか、
そういったことをついつい考えてしまうと、「なんだか休みづらいなぁ」となってしまうからです。

もしかすると、今、多くの人が「休む理由」を欲しがっているのかもしれません。
明日は企業が最近多く導入しはじめているユニークな有給休暇をご紹介します!

|

« ■医療での両立支援 | トップページ | ■有給休暇の新たな名称 »