« ■有給休暇取得率、いかがでしょうか。 | トップページ | ■骨髄ドナー休暇 »

2008年7月 3日 (木)

■有給休暇の新たな名称

こんにちは、株式会社ワーク・ライフバランス 事務局の大塚です。

昨日の予告どおり、今日は今企業が工夫して設定している新たな有給休暇制度についてご紹介いたします。
実は昨年11月にもこちらのブログで■ユニークな休暇制度と題して、いくつか紹介させていただきましたが、やはり半年以上も経つと新たなものが出てまいりますね!
一昨日の日経新聞でも紹介されていましたので、そちらからもいくつかご紹介いたします。

例えば、「プロジェクト休暇」。
プロジェクトが終わるたびに最低1日の有給がとれる、という制度です。
確かにプロジェクトが進んでいる最中は休みづらい…ということもありますから、
ひとつの壁を打破するのには有効な有給だと思います。
ただ、今後介護休業者などが増えると、プロジェクトが進んでいようといまいと休まざるをえなくなりますので、いずれは効力がなくなる休暇、かもしれませんね。

オプトさんでは「KY休暇」という休暇があるそうです。
「KY=必ず休む」休暇だそうです。
休暇予定を早めに取引先に伝えることで計画的に取得することを促進しているそうです。

このように様々なかたちで企業は有給休暇取得率を上げようと頑張っているのですが、この記事で学習院大学の脇坂先生がおっしゃっていたので印象的だったのは「休めないと思いがちな働き手一人ひとりが働き方の意識を変えることも重要」というご指摘。
有給休暇の取得率向上は働き方改革の1手段であって、それがゴールではない、ということですよね。

働き方の改革の1ステップとして有給休暇取得率についても気にかけつつ、本質的な意識の部分にもメスを入れていきたいと思います!

|

« ■有給休暇取得率、いかがでしょうか。 | トップページ | ■骨髄ドナー休暇 »