« ■在宅勤務制度(HP社その2) | トップページ | ■第27回ベスト・ファーザー イエローリボン賞 »

2008年6月13日 (金)

■ドロップイン・オフィス

こんにちは、株式会社ワーク・ライフバランス 事務局の大塚です。

昨日・一昨日と在宅勤務などについての取り組みをご紹介しましたが、オフィス以外の場所で仕事をする、という点でいうと、さらに様々な方法があります!

皆さんは、ドロップイン・オフィス、というものをご存知でしょうか?
「従業員が気軽に短時間立ち寄って、仕事をすることができるスペース などと定義されていますが、例えば仕事の途中にある一定の場所でPCを立ち上げて作業をしたり、FAXを送れたり、という場所のことをいいます。

こうしたドロップイン・オフィスを事業として提供しているのがコクヨさんのデスカット
実は私も愛用者なのですが、大変便利です!
お客様にお伺いする案件が2件あったとすると、その間の時間をどう有効活用するか、が定時で帰る鍵を握っています。
1分1秒でも、業務中の時間は無駄にしたくない、しかもクオリティも落としたくない、そんなときはカフェなどではなく、電源もしっかり整備されていて静かな環境を選んでいます。このほかにも、企業としてドロップイン・オフィスを用意しているところもあります(日本IBM社など)。

セキュリティを保つ工夫さえしていれば、どこでだって仕事はできる。
家族が突然倒れても、伝染病が会社を覆ったとしても仕事ができる
「仕事は会社でしなければならない」という、これまで原則だと思われていたことを、社会の流れ・リスクにそった形で仕組みをアレンジしていくことが、これからのダイバーシティ社会/ワーク・ライフバランス社会には必要なことだといえるでしょう。

|

« ■在宅勤務制度(HP社その2) | トップページ | ■第27回ベスト・ファーザー イエローリボン賞 »