« ■どこが違う?成功事例に学ぶ「人材の確保・定着・育成」(愛知県経営者協会) | トップページ | ■07年の出生率、上昇したそうです »

2008年6月 2日 (月)

■今、眠たくないですか?

こんにちは、株式会社ワーク・ライフバランス 事務局の大塚です。

今日はワーク・ライフバランスからみた「睡眠」のお話です。

今、日本人の睡眠時間が、減っています!
正確には、平日の睡眠時間、ですが、なんと、働いている人の4割以上が、平日の睡眠時間が6時間未満だとか。。。
みなさんはいかがでしょうか?

私の場合、1歳になる娘がおりますので朝は5時に起こされます。
(幼児は朝日とともに目覚め、夕日とともに眠くなりますので…)
ですので、23時には私も主人も眠くなり、日付が変わるころにはもう我が家は真っ暗。
もちろん「自宅で隠れ残業!」なんてことは、たとえしたくってもできません。
(弊社は残業禁止の会社ですので「したい」と思うことも許されません:笑)
ですので、睡眠時間としては6時間はきちんと取っているかな、というところです。

でも、独身時代はどうだったか、と振り返ると、
朝ぎりぎりの8時過ぎに飛び起きて、朝食も取らずに駅までダッシュ!
もっと早く起きればいいのに前日の夜(というか当日の朝?)2時半に就寝したので起きれるはずもなく…。
という毎日だったように思います。
(こんな生活、今思うと「・・・老ける!!」と愕然としますが…)

* * *

この調査の中で一番気になったのは、「睡眠に関する悩み」の部分。
昼間、眠気に襲われる方も非常に多いようです。
これは仕事の上でも効率が悪いですよね。

「ワーク・ライフバランス」の「ワーク」の部分へ睡眠時間の短さが与える影響はもちろん大きいのですが、メンタルな部分にも影響がある、といわれています。
きちんと安定的な成果を出し続けるためには、心身ともに健康である必要がありますし、そのためには生理的現象でもある「睡眠」は非常に重要なのですね。

もし、このブログをご覧の皆さんで「4時間くらいしか寝ていない…」という方、是非今日の夜から早めに就寝するように意識をしてみてください!
ストレスがあったり、身体が心地よく疲れていないと、眠りの質も悪くなります。
お心あたりのある方はスポーツをされることをおすすめします!

━━━━━━━━━━━━━━
就業者の平日の睡眠時間、4割超が6時間未満

IHG・ANA・ホテルズグループジャパン(東京・港)がまとめた調査で、4割以上の就業者の平日の睡眠時間が6時間未満であることがわかった。
睡眠の悩みがない人は2割にとどまり、眠れない原因として「仕事の悩みがある」が多数
を占めた。
同社は今回の調査をもとに、芳香剤の設置やリラックス法の提示などを通しホテル運営に生かしたいという。

就業者の平均時間は4時間以上6時間以下が全体の43.0%を占めた。4時間未満も3.7%あった。
一方、6時間以上8時間以下は50.2%。8時間以上は3.1%だった。
睡眠に対して悩みを持っていないのは2割。悩みの内容では「昼間でも眠気に襲われる」との回答が38.3%で最も多かった。

http://bizplus.nikkei.co.jp/genre/jinji/index.cfm?i=2008052708682b4
━━━━━━━━━━━━━━

|

« ■どこが違う?成功事例に学ぶ「人材の確保・定着・育成」(愛知県経営者協会) | トップページ | ■07年の出生率、上昇したそうです »