« ■いよいよ明日!第3回armo[アルモ]セミナー | トップページ | ■armo[アルモ]セミナー、お越しいただき有難うございました! »

2008年5月29日 (木)

<育児休業>分割可能に 厚労省が制度改正へ

こんにちは、株式会社ワーク・ライフバランス 事務局の大塚です。

先日、非常に注目すべきニュースが発表されていましたね!
きっと目にされた方も多いのではないでしょうか?

━━━━━━━━━━━━━━
<育児休業>分割可能に 厚労省が制度改正へ

厚生労働省は、現行では「原則1回、子供が1歳まで」となっている育児休業について、複数回に分割してとることができるよう制度改正する方針を固めた。
0.5%(05年度)と極めて低水準にとどまっている男性の育休取得率を引き上げるのが主な狙い。
複数回取得に併せ、取得できる期間の延長も検討している。

育休は92年の育児休業法(現在は育児・介護休業法)で男女とも制度化された。
だが、女性の取得率が7割を超えているのに対し、男性は取得率が低いばかりでなく、取得しても、1週間や10日程度の短期のケースが目立っている。

これでは男性の育児参加に限界があり、少子化対策としても効果が望めない。
厚労省が目標とする男性の育休取得率10%(14年度)の達成もおぼつかない。
さらに妻側には出産前後のほか、自分が職場復帰する時期などにも夫の育休取得への期待が大きいこともあり、複数回取得が必要と判断した。

具体的には、夫が妻の産後8週間以内に一度育休を取れば、職場復帰後も再取得を認める
▽父母両方が取得する場合にのみ、育休取得期間を半年など一定期間延長する
――などが検討されている。

有識者らによる厚労省の研究会が6月にもまとめる報告書に、こうした内容を盛り込む見込み。同省は来年の通常国会にも改正案を提出したい考え。

制度改正には経営側の反発も予想されるが、厚労省は「働き方を変え、男女ともに育児と仕事を両立できるようにするため、各企業にも少し我慢してほしい」としている。

諸外国では、父親が育休を取る場合に限り、取得期間を6週間延長できる「パパ・クオータ」制度(給与は6週間延長で8割を補償)をノルウェーが導入、03年で9割の父親が利用して出生率回復につなげている例などがある。

http://www.excite.co.jp/News/society/20080527034600/20080527M40.165.html
━━━━━━━━━━━━━━

これこそ、まさに現場のニーズに即した改正なのではないでしょうか。
時折的外れな対象者だったり内容だったりする国の施策もありますが、今回の改正は「ひとりのワーキングマザー」としてとても嬉しく、(おこがましいですが)評価したい!と思います。

男性の育児休業者を増やすため、ということのようですが、女性の中にも育児休業を分割して取得したい人は多いはずです。

例えば、一旦復帰した後、引越などで保育園を移らなければならなくなったとき、あまっていた育休分で再度慣らし保育期間を乗り越えられることが出来たり、
休業日数が長期で保有できる場合は、小学校に上がったときの低学年時のケアに充てたりすることができるようになります。

まだ詳細な中身を見ていませんが、できるだけ様々な使い方が認められていることを期待しています。

やはり本当の意味での「ワーク・ライフバランス」を推進・実現していくとなると、相当フレキシブルに、どんなケースにも柔軟に対応できるような、制度的にも余裕をもたせ、担当する企業・行政も余裕をもって、考えていかねばならないだろうと思います。
そうした意味でも、今回のように「複数回」とすることも非常にポイントになってきますし、「延長」だとか「永久保有」のようなワードもキーになってくるように思います。

今後の法改正の動きに注目です!

|

« ■いよいよ明日!第3回armo[アルモ]セミナー | トップページ | ■armo[アルモ]セミナー、お越しいただき有難うございました! »