« ■「辞めさせない」「戻ってきやすくする」 | トップページ | ■「残業させない」を明文化すること »

2008年4月 1日 (火)

■新学期が始まりますね!

こんにちは、株式会社ワーク・ライフバランス 事務局の大塚です。

数日更新が滞っておりました、失礼いたしました。
というのも、今日から新学期
今月末に1歳になる娘も、いよいよ保育園デビュー!
…というわけで、「慣らし保育」に母である私も付き添っていたから、なのです。

もしかすると、このブログをご覧いただいている方の中にも、
「そうそう、うちもうちも!」とか「あ~去年そうだったよ~」と思われる方もいらっしゃるいかもしれない、この「慣らし保育」。
子どもが新しい環境に慣れるまでの数日、親が一定時間付き添う期間を設けている保育園が多いのです。
日数や時間などはそれぞれの園によって異なりますが、わが園は1日目は8:30~10:00、2日目は8:30~13:00、3日目は8:30~15:00と少しずつ長くなり、途中で親が消え子どもと保母さんだけの時間帯もあります。

我が家は朝の送りをパパが担当する予定で、初日の今日は一家3人でドキドキしながら登園しました。
園にいる間は布オムツになるのですが、パパも私も布オムツを初めて目にし、しょっぱなからどぎまぎ、挙動不審。。。
「オムツは布派?紙派?」なんていう議論も妊娠時代にはしていたなぁ…と少し遠い目をしては、いかんいかん!と現実に戻ったり、していました。

布も紙も、どちらもメリット・デメリットがありますよね。
特に、どちらが環境に優しいか?という点についてはかなり議論が白熱しそう。
子どもたちの将来のためには、どちらがいいのか?!
・・・子どもがいなかったときには考えもしなかった視点です。

「ワーク・ライフバランス」の世界では、こうした新たな視点や刺激を仕事に活かすことが求められるわけですよね。
日々の生活を楽しみながらも、常にアンテナを高くはって!と若干緊張したりもします(笑)。
私の「地球環境に関する考察~オムツを題材に~」が仕事に活かされる日もきっと来るはず!

こんな感じで我が家の新学期は保育園からスタートしましたが、皆さんの4月1日はどのような1日でしょうか?
新しい年度に変わる会社も多いですよね。
是非、「ワーク・ライフバランスな1年」を目標に掲げてみてください!

|

« ■「辞めさせない」「戻ってきやすくする」 | トップページ | ■「残業させない」を明文化すること »