« ■女性活用の実態に関するアンケートについて | トップページ | ■保育ママ事情 »

2008年2月18日 (月)

■かっこいいパパのロールモデル

こんにちは、株式会社ワーク・ライフバランス 事務局の大塚です。

最近は、「男性の育児休業者」も少しずつ増え、「僕もとろうと思っているんです!」なんていう嬉しいお声も耳にします。

とはいえ、まだまだ海外に比べると少数派。
きっとかっこいいパパのロールモデルが周りにいないのも原因なのでは?!
・・・では、このブログでかっこいいパパをどんどん紹介していこう!
そんなふうに思っています。

第1弾は、やっぱりこの人、NPO法人ファザーリング・ジャパンの安藤哲也さん。
ギターと絵本を片手に全国を飛び回り、このたび3人目のお子様も誕生された、かっこいいパパです。
安藤さんについて詳しくご紹介を、と思ったのですが、ちょうどタイミングよく、弊社も参加させていただいていますニフティ株式会社のSNS「ビジネススペース」で安藤さんの特集が組まれているとか!
少しだけ、ご紹介したいと思います♪

―――――――――――――
今回は、ビジネススペーススペシャルとして、NPO法人ファザーリング・ジャパン代表の安藤哲也さんに、安藤さん自身のワークライフバランス観や、ワークライフバランス実践のアドバイスなどについてWLBコミュニティ運営スタッフがインタビューした内容をレポート致します。

ファザーリング・ジャパンは、「笑っている父親を増やそう」と言うコンセプトのもと、父親の育児・家事参加の促進や働き方の見直し、企業の意識改革などを進めるソーシャルビジネス・プロジェクト。
安藤さんは昨年10月末、ファザーリング・ジャパンの活動に専念するため4年半勤めた楽天株式会社を退職。
またつい先日2月3日には第3子が生まれたばかりで、さらに3月18日には、一大イベント「子育てパパ力(ぢから)検定」の開催を控えている、と言う公私共に大忙しのスーパーパパです。

* * * * * *

WLBコミュニティ運営スタッフ
まず早速ですが、様々な職場を経験されて来た安藤さんの「仕事観」についてお聞かせ頂けますでしょうか? 

安藤さん
常々、「仕事」とは新しい価値・サービスを作っていくことだと思っています。
「労働」と「仕事」は違いますよね。
「労働」と言うと、「誰かに言われてやる」と言うような感じがしてしまう。
小さい頃から、僕は新しい遊びを流行らせることにしか興味が無かったんです。
今回も9回目の転職になりますが、今でも常に新しいこと仕掛けていきたいと思っていますし、もともと「プロジェクト」へのコミットメントと言う考えがあって、「やりたい仕事があるからその会社に居る」「就職は『就社』ではない」と言う考えなんです。

WLBコミュニティ運営スタッフ
9回もの転職を経験されてらっしゃるとのことで、出会いもたくさん経験されてきたことと思いますが、これまでに安藤さんの「仕事観」に大きな影響を与えた方はいらっしゃいますでしょうか?

安藤さん
リットーミュージックに在籍していた頃に出会った、松村さんと言う方の存在は大きかったです。
既に亡くなってしまっているのですが、僕が20代のまだ温いときに、それこそ「仕事観」や優先順位のつけ方、誰のために働くのか?などを教わりました。
また、今思えば、あの当時にして「ワークライフバランス」の達人でした。
仕事も一流だったし、家庭のことも良くやっていたし、カメラ・ゴルフなど趣味も多彩でした。
当然、もっと大きなモデルとしては、ミックジャガーやエリッククラプトンなどはいつも尊敬しているし、彼らみたいなかっこいい60代になりたい!といつも思っています。・・・
―――――――――――――

うーん、ここでミックジャガーが出てくるとは、やっぱりかっこいい!
安藤さんのインタビューはまだまだ続きますが、続きは是非「ビジネススペース」でご覧くださいね!

「ビジネススペース」
  http://space.business.nifty.com/
「ワークライフバランスについて考える」コミュニティ
  http://space.business.nifty.com/sns/index.php?command=topas&asid=3002000

|

« ■女性活用の実態に関するアンケートについて | トップページ | ■保育ママ事情 »