« ■休職中の親も保育園入園が可能に! | トップページ | ■armo[アルモ]カフェ、ありがとうございました! »

2008年2月29日 (金)

■産後不安のケアセンターができます!

こんにちは、株式会社ワーク・ライフバランス 事務局の大塚です。

昨日に続いて保育・育児に関する話題です。

東京都世田谷区は、3月5日に産後の育児不安や体調不良を改善するケアセンターを桜新町に開設するそうです。
公募で決定した武蔵野大学が付属施設として建設し、24時間無休で助産士が常駐、訪れる人のケアをしてくれます。
短期宿泊や日帰り利用ができるそうで、本格的なケアサービスが期待できそうですね!

対象は世田谷区民で生後4ヶ月未満の子どもを持つ母親で産後に育児不安を抱え、体調不良であっても家族などから援助が受けられない人が主とのこと。
宿泊の場合、1日3食と育児相談、母乳マッサージなどが受けられるほか、赤ちゃんの抱き方や入浴のさせ方など基本的なアドバイスもしてくれるそうです。
料金は1日2800円で最長7日間利用可能。
日帰りは1日1,600円で14日間まで受けられるそうです。
臨床心理士も週2日は位置し、産後うつなどに対応するそうです。

確かに産後数ヶ月、育児に慣れるまでは気持ちも不安定になりがち。
しかも直前まで仕事をしていたりすると、急に仕事をしなくなってしまった不安や世間との断絶感などにさいなまれる人も少なくないのではないでしょうか。
こうした心のケアまでしてくれるところがあるのは嬉しいことですよね!

こうしたサービス、今は「ママ」中心に考えられていますが、今後は「パパ」もターゲットとして考えられるのでは、と思っています。
特に、新米パパには育児のノウハウを体系だって教えてくれるところが必要!
病院のパパ講習だけでは足りないこともたくさんありますよね。
みんなが心にも身体にも無理のない子育てができる、それをサポートしていく、そうした動きが今後も広がるといいと思います。

|

« ■休職中の親も保育園入園が可能に! | トップページ | ■armo[アルモ]カフェ、ありがとうございました! »