« ■育休社員を商品企画に活用! | トップページ | ■シングルマザーの就業支援 »

2008年1月 9日 (水)

■生協で託児室併設!

こんにちは、株式会社ワーク・ライフバランス 事務局の大塚です。

最近弊社にも「事業所内託児所の設置を検討している」というお問い合わせをいただくことが増えました。
少子化が進み、労働力人口の減少が危惧されるなか、企業もこれまで出産などを機に退職していた女性を継続的に活用するための道を本気で模索しはじめたことを実感しています。

そんな中、自社のお客様の「育児中」の人に向けての託児施設を設置する団体も増えてきています。

仙台市のみやぎ生活共同組合では、2008年4月に開業する新店で託児室を併設し、生協の店舗で一定額以上の買い物をした場合には利用料を軽減するなどの特典も打ち出すそうです。
生協で店内に託児室を設けるのは珍しく、サービスを充実させて生協店舗の利用を促進させる狙いもあるそうです。

託児室は「石巻蛇田店」(宮城県石巻市)の2階部分に儲け、専任の保育士さんもいらっしゃるとか。
利用は生協の組合員に限り、午前10時から最大で5時間預けることができるそうです。
1時間あたり500円の利用料がかかるそうですが、たとえば店舗で2,000円以上の買い物をした場合には利用料を200円程度割り引くことも検討しているそうです。

お買い物のとき、お肉を選んでいる間にふとカゴをみたらお菓子がいっぱい!
棚に戻してきなさい!いやだ~!という押し問答は時には楽しいこともありますが、少し憂鬱に思うこともありますよね。
子育てをしていると、ついついお買い物に行くくらいしか外に出ない、とか、決まったママ友達としか集まっていない、ということもあるかもしれませんが、託児室が気軽に使えると、お買い物へ行ったついでに、自己研鑽のための習い事、なんていうことも可能になりますね!

多くの小売店が立ち並ぶ中で、どの店で買い物をするかを選択する際の重要なファクターに今後なっていくのでは、と思います。

|

« ■育休社員を商品企画に活用! | トップページ | ■シングルマザーの就業支援 »