« ■ワーク・ライフバランス企業認定制度(沖縄県) | トップページ | ■夫の平日の家事時間は前年より「2分」増えただけでした… »

2007年10月19日 (金)

■岐阜県での「プレママ保育園事業」

こんにちは、株式会社ワーク・ライフバランス 事務局の横山です。

今日は岐阜県での「プレママ保育園事業」のご紹介です。

岐阜県では、出産前から身近な保育所で育児体験を聞いたり育児相談ができる「プレママ保育園事業」を始めたそうです。
初年度は羽島市と池田町の15カ所でモデル的に実施し、今後各市町村にも広げていく予定とのこと。

この「プレママ保育園事業」は岐阜県の子育て支援の一環で実施されています。
核家族化が進み、子育て体験をする機会が少ないことや、密室の孤独な子育てで不安を感じる女性が多いことから、石川県の取り組みを参考にスタートさせたそうです。
県民間保育園連盟が実施主体となり、県は事業費の一部を助成しています。

この事業の対象は妊婦と、保育所に入る前の幼児を子育て中の保護者。
保育園に預けられている赤ちゃんの様子を見たり、おむつ交換や授乳、もく浴などを体験できます。
子育てに困ったときの相談窓口や友人づくりの場も紹介し、母親・父親はもちろんプレ時期の両親の孤立化を防ぐことに一役買うことになりそうです。
一時保育を利用することもできるとか。

モデル園になったのは羽島市内の全十一園と池田町の三園、同町地域子育て支援センター。
この十五カ所に置いてある登録申請書に必要事項を書いて提出すると登録証が交付され、交付を受けた園以外の利用も可能になるそうです。
母子手帳の交付時などにチラシなどを渡して事業を知らせており、八月三十日現在で八十四人が登録しているとのこと。

県子ども家庭課では「経費はあまりかからないので、やる気のある園はぜひ事業に参加してほしい」と広がりを期待しているそうです。

弊社にも育児中のスタッフが何人かいますが、やはり皆口々にいうのは「孤独になることが一番怖い」ということ。
情報過多な世の中で、どんな情報が自分に一番必要なのかを取捨選択する際に、自分と同じような悩みを持っている人とどれだけつながっているか、が安心感につながるそうです。
この「プレママ保育園事業」によって、出産前からネットワークを広げておくことによって、出産の不安だけでなく子育てへの不安、職場復帰時の悩みなどを共有していくことができるので、一定の効果が期待できそうですね!

|

« ■ワーク・ライフバランス企業認定制度(沖縄県) | トップページ | ■夫の平日の家事時間は前年より「2分」増えただけでした… »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。