« ■男性の育児休業者 | トップページ | ■ワーク・ライフバランスが生まれた背景 »

2007年10月26日 (金)

■子どもとシニア層

こんにちは、株式会社ワーク・ライフバランス 事務局の横山です。

総合人材サービスを手がけるヒューマンリソシアさんが、介護事業「デイサービス」と子育て支援事業「キッズカフェ」の併設施設を、大阪府豊中市に11月1日オープンするそうです。
介護と子育て支援を共存させることで、主婦層の生活を総合的サポートし、高齢者と子供の世代間交流を目指すとのこと。

高齢者に介護サービスを提供する施設に、キッズカフェを併設し、キッズカフェでは子供同士や親同士の交流の場として、飲食スペースのほか、子供向け遊具、知育玩具、絵本などを用意するそうです。

子どもとシニア、一見かけ離れた層のように見えますが、非常に似ているところもあります。
また、互いによい影響を及ぼすことが多くあります。
例えば、子どもたちの笑顔はおじいちゃん、おばあちゃんを温かい気持ちにさせますし、おじいちゃん、おばあちゃんの知恵は子どもたちにとってはとても刺激的なものだったりします。
また、日本ならではの文化をおじいちゃん、おばあちゃんから教わることもとても重要ですよね。

これまでは地域コミュニティが自然に担当していた役割も、今はこうした施設などをうまく使って伝承していくことが必要となってきています。
それは少し寂しいことですが、こうした工夫によってさらに大きな効果が発生するのであれば、応援していきたいですよね!

ほかにも子どもとシニアをうまく融合させて効果を出している取り組みを見つけて、ご紹介していきたいと思います!

|

« ■男性の育児休業者 | トップページ | ■ワーク・ライフバランスが生まれた背景 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。