« ■パパの育児グッズ | トップページ | ■その仕事は私がやるべきか? »

2007年10月 4日 (木)

■新しいサービス:「孫育て」電話相談

こんにちは、株式会社ワーク・ライフバランス 事務局の山田です。

今日も昨日に引き続き、育児系の話題、おじいちゃんとおばあちゃんの「孫育て」についてのエントリーです。

アルモをご導入いただいている森永乳業株式会社様が、10月1日から31日の期間限定でおじいちゃん・おばあちゃんを対象とした珍しい育児の電話相談窓口「孫育てホットライン」を開設されます!

森永乳業さんは1975年から育児電話相談窓口として「森永乳業エンゼル110番」を開いていらっしゃいましたが、近年おじいちゃん・おばあちゃんの利用が増加し、2006年の祖父母利用率は3年前と比べて約5割り増しに高まったそうです(日経MJ 2007年10月1日号より)。
なんと、お父さんからの相談電話の2倍の数だとか!
(お父さんの育児参画率がまだまだ低いのが残念ですが…)
働く女性が増えて、孫を預かるおじいちゃん・おばあちゃんが増えたことも原因のひとつなのかもしれません。

相談内容は孫の教育だけでなく、自分の娘や息子の配偶者との関係を良好に保つ方法などの質問もあるそうです。
「子育て」を通じて「家族」になっていく、ということなのでしょう。
考えてみれば、パパ・ママも初めての体験ですが、おじいちゃん・おばあちゃんにとっても「孫」ができるのは初めての体験であることが多いわけですから、様々なことに悩まれるのもうなずけます。

10月21日(日)の「孫の日」にちなんで設置されたとのこと。
詳細は森永乳業様ページをご覧下さい。
http://www.morinagamilk.co.jp/release/detail.php?id=375

◆期間:2007年10月1日(月)~10月31日(水)月~土[日・祝日を除く] 10:00~14:00
◆電話番号:東京(03)3405-0110  大阪(06)6365-0110

|

« ■パパの育児グッズ | トップページ | ■その仕事は私がやるべきか? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。