« ■海外でのワーク・ライフバランス ~デンマーク①~ | トップページ | ■海外でのワーク・ライフバランス ~フランス①~ »

2007年8月14日 (火)

■「子どもの成長を見逃すなんてナンセンス!」

こんにちは、株式会社ワーク・ライフバランス 事務局の伊藤です。

先日、新聞を読んでいましたら、
「子の成長見逃すのはナンセンス」という見出しが目に飛び込んできました。
ニューヨークで子育てを楽しむパパたちを紹介した記事だったのですが、
父親であることは「Cool(かっこいい)でHot(注目の的)」だそうです。
また、「Stay At Home Dad」(SAHD=サード)と呼ばれる専業主夫も
いまや珍しい存在ではないとのこと。
晩婚・晩産化が進み、父親となる年齢があがったことによって、
「遊びも仕事も充分にやった、後は子育て!」と意気揚々と取り組むパパも多いそうです。

私たちも仕事柄、働くママや子育てをするパパにお目にかかることが多いのですが、
皆さん口をそろえて「大変だけど幸せです!」とおっしゃいます。
先日私どものインタビューに答えてくださった、
NPO法人ファザリングジャパン代表の安藤さんも、
「父親であることを楽しもう!」「笑っているお父さんを増やそう!」
と様々な活動をされています。

安藤さんは4年前から、「パパ’s絵本プロジェクト」という
父親のチームによる絵本の読み聞かせ活動をされています。
これまでに全国各地で通算100回ほど実施されている大人気のプロジェクトですが、
最初はお母さんと子どもの参加ばかりでお父さんが来なかったそうです。
ところが、1年半前くらいから、若いパパの姿が急に増えたとか。
それでも、こどもとお母さんは絵本で笑うのに、
最後まで全く笑わないお父さんがいてとても気になったとおっしゃっていました。
よく見ると、その親の子どもも「笑いが細い」そうで、
例えば、可笑しな絵本で会場大爆笑なのに、その子は必ず親の顔を見て、
「笑っていいの?」って顔をするんだそうです。
安藤さんはそれを見て、
「あぁ、きっとこの子は家族(特にお父さん)が家で笑ってないから笑い方を知らないんだな」
と想像し、
「これはまずい。もっと笑ってるお父さんを増やさねば!」と思ったのが、
NPO法人ファザリングジャパンを創設されたきっかけのひとつだそうです。

最近は海外の事例が新聞などに取り上げられ始め、
「パパの育児における存在」が注目されていますが、
日本のパパたちも素敵な活動をされている!と
安藤さんのお話をうかがって、弊社スタッフ一同元気をいただきました!

これからも私たちは、仕事と育児を楽しむママだけでなく、パパも応援していきます!

さらに詳しい安藤さんのインタビューはこちらから↓
http://www.work-life-b.com/modules/about1/index.php?id=3&PHPSESSID=f9c82881117c859c84d424a4a7973a76

|

« ■海外でのワーク・ライフバランス ~デンマーク①~ | トップページ | ■海外でのワーク・ライフバランス ~フランス①~ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。